【20代・30代・40代・50代】年代別女性のひげの原因と対策

女性,ひげ

 

女性とはいえ口周りに産毛は生えるのは当たり前。ただストレスや睡眠不足、偏食などによりホルモンバランスが乱れると産毛がひげのように濃くなってくるんじゃ。ホルモンバランスは「女性ホルモンの減少」もしくは「男性ホルモンの増加」により崩れてしまう。その原因は年齢により若干違ってくるので、それぞれ年齢別に詳しく説明するぞ。

 

 

20代女性のホルモンバランスの乱れの原因と対策

 

【20代女性のホルモンバランスの乱れの主な原因】

  • 就職活動、入社・結婚による環境変化によるストレス
  • 無理なダイエット・偏食
  • 睡眠不足

 

女性,ひげ

20代女性は、就職活動や入社、人によっては結婚などで環境が変わりストレスを強く感じてしまう場合がある。またこの時期の女性は無理なダイエットをすることも多いようじゃな。最近のデータによると20、30代の働く女性は食糧難であった終戦直後よりもエネルギー摂取量が下回り、ビタミン、ミネラルなど必要な栄養が取れていない栄養飢餓状態だときく。

 

こういったストレスや偏った食生活(小食)は自律神経の働きを狂わせホルモンバランスを乱してしまう原因となる。20代女性は自律神経を整えれば女性ホルモンの分泌も正常になるため、まずはできる範囲で食生活をただし、ストレスを発散することを始めてみるとよいぞ。そうすることでひげも気づいたら薄くなるといった変化が出てくると思うぞ。

 

栄養バランスに気をつける

 

女性,ひげ

最近の女性は、食事よりは身支度に時間をかけたい、食事よりも寝たい、仕事が忙しくて食事に時間が避けない、など手軽に済ませる傾向にある。コンビニにも、エネルギー飲料やスムージーなど一見、身体によさそうな物が多いが、それで栄養が取れた気になっては困る。にぎり、菓子パン、ペペロンチーノといった炭水化物だけの食事も感心できないぞ。

 

栄養を考えるのが難しいなら、彩りを考えてとってみれば良いんじゃ。赤、緑、黄色、白、黒、といった5色がはいっていれば栄養バランスが不思議ととれるぞ。

肉、鮭、マグロ 人参、トマト など

白 

ごはん、パン、麺、大根、白菜、カリフラワーなど

大豆、卵、かぼちゃ、とうもろこし、油揚げなど

小松菜、ブロッコリー、ホウレンソウ、、枝豆、キュウリなど

のり、ごま、こんにゃく、海藻、ごぼう、きのこ など

 

ストレス発散法をみつける

 

女性,ひげ

ストレス発散法は人によって本当に様々なもんじゃ。おしゃべりで発散する人もいれば、運動で発散する人もいる、一人で静かに過ごすことがストレス発散につながる人もいる。大事なのは、自分がどうすれば心地よくいられるかその方法を知り、少しでもその時間を大事にすることじゃ。

 

仕事が忙しくて自宅に帰れば寝るだけ、なんて人も、会社の休憩時間にお気に入りのドリンクを用意しておく、机に花を飾る、スマホに好きな芸能人の画像を入れ眺める、など、些細なことでも好きなことを積み重ねることでも気分は違ってくるぞ。

 

30代女性のホルモンバランスの乱れの原因と対策

 

【30代女性のホルモンバランスの乱れの主な原因】

  • 仕事のストレス
  • 結婚と仕事両立のストレス
  • 子育てのストレス
  • 睡眠不足

 

30代女性は、仕事面では責任のある立場になり益々忙しく更にストレスを抱えることに。また納期に追われたり、人と競争することが増え神経が興奮した状態が続くと男性ホルモンの分泌が増え、女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位な状態に。女性の「オス化」なんて言葉も使われるくらいじゃ。
また結婚、出産、育児を経験する人も多くなる。専業主婦でも育児に追われ自分の時間もままならない、仕事をしていれば保育園と会社の両方に気を使いヘトヘトに。30代のストレスは相当なものじゃ。そんな30代女性はやはりストレスを解消しホルモンバランスを整えることで濃くなったひげも薄くしていけるぞ。

 

ストレスをこまめに発散

 

そういったストレスを長期休暇で旅行に行くなどで解消するのもいいが、ストレスをため込む前にこまめに解消することが本当は1番。ストレス解消法は、何か特別なことをするというよりも、好きなことをすればいいんじゃ。運動やカラオケ、おいしいものを食べるなどはもちろん、掃除をするなんて人もいるな。通勤時間に動画をみて解消するといった方法もある。何か「行動」をするだけでなく、アロマを焚く、好きな音楽を聴く、など好きなものに囲まれ気が緩む瞬間を作っていくことでもストレス解消になるぞ。

 

睡眠の質にこだわる

 

女性,ひげ

20代と同じように生活しているはずなのに、疲れがとれないといったことを感じるようになる30代。まだわかいとはいえ、20代にくらべれば体力も落ちてくる。それに伴い睡眠不足も身体に負担をかけてくるようになる。とはいえ、睡眠時間を十分に確保するのはむずかしいもの。であれば睡眠の質をあげることで睡眠不足をカバーしてほしい。

 

【睡眠の質を高めるために】

  • 就寝前のスマホやPCの使用は避ける
  • 部屋を暗くして寝る
  • 就寝3時間前までに食事を済ませる
  • 就寝前のカフェイン摂取は控える
  • 枕やベッド、パジャマなど寝具にこだわる
  • 温め湯船にゆっくりつかる など

 

40代女性のホルモンバランスの乱れの原因と対策

 

【40代女性のホルモンバランスの乱れの主な原因】

  • 仕事におけるストレス
  • 結婚生活におけるストレス
  • 更年期による女性ホルモンの減少

 

40代女性は、仕事をしていれば中間管理職としてバリバリ仕事する人もでてくるだろう。子育てが落ち着き詞仕事を始め家事との両立で忙しい思いをしている人もいる。40代女性もやはりストレスによるホルモンバランスの乱れは避けられない。
だがもう1つ大きな変化が訪れるんじゃ。個人差はあるが40代半ばから女性ホルモンの分泌量が急激に減少する。いわゆる更年期というものじゃ。30代までは生活習慣を正し自律神経を整えることでホルモンバランスを正すことができたが、40代になるとそれだけでなく外部から女性ホルモンを補う必要も出てくる

 

女性ホルモンを積極的にとる

 

女性,ひげ

体内の女性ホルモンが減少してしまうなら、外部から補うことが必要じゃ。女性ホルモンに似た働きをするといわれている大豆イソフラボンを積極的にとりいれてみることをおススメするぞ。

 

【大豆イソフラボンを含む食品】
大豆、豆腐、豆乳、油揚げ、厚揚げ、黄な粉、味噌、高野豆腐など

 

50代女性のホルモンバランスの乱れの原因と対策

 

【50代女性のホルモンバランスの乱れの主な原因】

  • 更年期
  • 仕事や結婚生活のストレス
  • 夫婦間のストレス

 

女性,ひげ

こうやって見るとストレスはどの年代にも関係の深いものじゃの。50代になるとご主人が定年退職を迎え、それにより思わぬストレスを迎える夫婦もいるようじゃ。ストレスをいかに上手に発散させるかもホルモンバランスの乱れにかかわってくる。が、やはり50代になるとほとんどの人が迎える更年期。女性ホルモンの減少による身体の変化は大きいものじゃ。女性ホルモンが減少すれば男性ホルモンが分泌され男性ホルモンが優位になりヒゲが濃くなることもある。年齢を重ねれば体毛が薄くなると考える人もいるようじゃが、実際には60代をすぎないと体毛が薄くなることはないようじゃ。であれば、やはり外部から女性ホルモンを補うことが大切じゃな。

 

女性ホルモンを活発にする食品をとる

 

大豆イソフラボンのように女性ホルモンに似た働きをする食品だけでなく、女性ホルモンを活性化させる食品を積極的にとることも必要じゃ。

 

ビタミンB6 女性ホルモンを活性化する マグロの赤み、バナナなど
ビタミンE 女性ホルモン分泌を調整 かぼちゃ、アーモンドなどナッツ類、明太子など

 

【ひげを濃くする!】やってはいけないひげ処理方法

 

ホルモンバランスの乱れによりヒゲが濃くなることは分かったが、実はひげ処理によってもひげを濃くする原因になるものがある。それを紹介しよう

 

ひげを太くする毛抜き

 

女性,ひげ

 

毛抜きは多くの女性が行っているひげ処理方法の1つだが、毛抜きだけはやめた方がいい。毛抜きによりひげを抜くことで、ヒゲが太く硬くなってしまうんじゃ。

 

ヒゲの根元にはヒゲの生成にかかわる毛母細胞や毛乳頭がある。毛抜きで抜くと、この根元にある毛乳頭や毛母細胞のある部分は抜けずに毛穴に残ってしまう。するとこの毛乳頭たちは、次こそは抜けない丈夫なひげを作ろうと太く硬いひげを作ってしまうんじゃ。

 

毛抜きで抜くとカミソリで処理するよりも、次にヒゲが生えるまでに時間がかかるため好んで行う人もいるが、毛抜きによるひげ処理方法はおススメできんぞ。ただどうしても毛抜きで抜く必要がある場合、次の方法で行うことで、多少肌への負担を減らすことができる。何もしないよりはマシだと思うので試してみてくれ。

 

肌を事前に温める

お風呂や蒸しタオルで肌を温めると、ヒゲは柔らかくなり、毛穴もひらくため抜く時の負担が多少軽減できる。

 

ひげの生え方に合わせて抜く

ひげの生え方と逆に抜くと毛乳頭がまがり、ヒゲが変な方向に生え埋没毛の原因となってしまう。

 

しっかり保湿する

ヒゲを抜くと、毛穴や毛穴周辺の肌にかなりの負担がかかってしまう。保湿成分の入った化粧水などでしっかりケアし肌のバリア機能の改善をはかってほしい。

 

色素沈着を招くカミソリ

 

女性,ひげ

カミソリで剃ると、ヒゲの断面が平らになることで太いようにみえるが、実際にひげが太くなっているわけではないんじゃ。だが、カミソリで肌の角質も一緒にそぎ落とすことが刺激となり、メラニン色素が過剰に生成され肌に色素沈着を起こす原因となる。長い間カミソリによるひげ処理を続けていると肌がくすんでくるのは、このメラニン色素が過剰に生成されてしまうためなんじゃ。

 

ただカミソリは80%もの女性が行う一般的なひげ処理方法じゃ。これを禁止したら困る女性がほとんどだろう。であれば肌に負担をかけることがないようカミソリを使うことが大切になる。これから紹介する方法を試してみてほしい。

肌を温める

肌をお風呂や蒸しタオルなどで温めることで、ヒゲが柔らかくなる

 

シェービングフォームを使う

シェービングフォームは保湿成分が配合されているし、泡が長持ちするためカミソリの刃が直接肌にあたることを防ぐことが出来る。石鹸やボディソープは皮脂を落とし乾燥させてしまう。また泡が消えやすいため、できればシェービングフォームを使った方がいいんじゃ。

 

ひげの生え方にあわせて剃る

ヒゲの生え方と逆にそると、カミソリの刃が直接肌にあたり刺激となってしまうぞ。

 

しっかり保湿する

カミソリを使った後は、どうしても肌を痛めてしまう。それをケアするためにも保湿成分のはいった化粧水や乳液などで肌を優しくいたわってほしい。

 

【ひげを薄くするには】安心安全の抑毛クリームがおススメ

 

ストレスを発散し生活習慣を整えホルモンバランスを整えるには時間がかかる。その間にも濃くなってしまったひげが気になることじゃろう。かといって、カミソリや毛抜きによるひげ処理も問題点がある。そこでおススメしたいのが抑毛クリームなんじゃ。

 

抑毛クリームは、朝晩スキンケアクリームとしてぬるだけ。それでヒゲが生える周期を遅くし、ひげを細く薄くすることができるといったもの。抑毛クリームは、それだけでなく他にもメリットがたくさんあるんじゃ。

 

【抑毛クリームのメリット】

  • ひげ処理回数を減らせる
  • ぬるだけで簡単
  • 肌への負担がない
  • 色素沈着の改善も期待できる
  • 保湿成分、美容成分配合による美肌効果
  • 子どもでも使える

 

抑毛クリームには、保湿成分や美容成分が配合されている。そのため色素沈着を起こしてしまった肌や毛穴が開いてしまった肌の改善にも期待ができるんじゃ。また塗るだけなので、肌を傷つけるなどの心配がないのも魅力じゃな。

 

【抑毛クリームのデメリット】

  • 即効性はない
  • 肌に合わない場合がある

 

どんな化粧品にも言えることじゃが、抑毛クリームも肌に合わない場合がある。全員に合う化粧品は存在しないといわれているから、それはもう仕方のないことじゃ。
そして即効性がない、というのも事実。抑毛効果を実感するのに、1カ月から3カ月という人が多いようじゃ。というのも抑毛クリームはイソフラボンなど天然由来成分を主成分としているため緩やかに効果を発揮してくる。強い薬剤などは一切含んでいないから子どもでも安心して使えるほどじゃ。とはえいえ、生活習慣を変えてホルモンバランスを整えるよりは、確実に効果を実感できると思うぞ。

 

ひげ処理回数が減らせれば肌への負担が減らせ、ひげを濃くする原因を1つ減らすことが出来るので、抑毛クリームはおススメなんじゃ。ヒゲ処理方法や濃いヒゲに悩んでいるならば1度試してみてほしい。

 

女性,ひげ,30代

おススメ抑毛クリームクリームランキング

 

抑毛クリームでも効果ない場合

 

女性,ひげ

抑毛クリームは即効性がないため3カ月は使い続けてほしいが、それでも全く効果が感じられなかった場合は、脱毛を考えてみてはいかがかな。医療脱毛、エステ・脱毛サロン、家庭用脱毛器といった3つの脱毛方法がある。それぞれメリットデメリットがあり、どれが1番良いかは経済状況やひげの状態によっても違ってくる。

 

ただその方法も他のひげ処理方法と違い、それなりに費用がかかるし、滅多にないとはいえ火傷などのリスクもある。そのため、まずは1番安全なひげ処理方法として、わしとしては抑毛クリームを薦めている。だがそれでもダメな場合は、脱毛という方法も検討してみるといいぞ。

 

脱毛方法を比較検討したページがあるのでよかったら参考にしてみてほしい。
【安全なのはどれ?】女性のひげ処理に1番おすすめの脱毛方法

 

関連ページ

あごひげ処理法
女性のあごひげ、処理しないと気になって仕方ないけれど、間違った方法を繰り返すことで逆に太くなってしまうことも。そこで色々な処理方法の中から肌に負担の少ない方法をご紹介します。
ひげを薄くする方法
女性のひげを薄くするための方法を詳しくまとめています。
青ひげ処理方法
気になる女性の青髭を目立たなくするための正しいひげ処理方法や対策をご紹介します。
ひげを剃ると濃くなる?
女性のひげを剃るとヒゲが濃くなるという噂は本当かどうか検証してみました!
ひげが濃いのは病気?
女性に濃いひげが生えるのは病気なのか、他に原因はあるのか詳しく調べてみました。
ピルで抑毛はあり?
女性のひげはピルを飲むことで効果が得られるのか、安全性はどうなのかなど気になることを調べてみました。
おススメの脱毛法
脱毛には、医療脱毛、エステ・脱毛サロン、家庭用脱毛といった様々な方法があるが、どれが安全で効果が高いのか徹底比較してみました。
濃いヒゲの原因はホルモンバランス
女性の濃い髭の原因の1つといわれているホルモンバランスの乱れの改善方法を詳しくまとめました。
中学生のひげ処理方法
中学生が行うひげ処理はどの方法がベストか詳しくまとめています。
濃いヒゲの予防法
女性の濃いヒゲは予防できるのか、濃いヒゲの原因と予防策を詳しくまとめてみました
ケノンの安全性
家庭用脱毛器で人気のケノンの安全性や効果など徹底的に調べてみました。
子どものおススメひげ処理法
小学生のお子さんでも安心して行えるおススメの口ひげ処理法をご紹介します。
鼻の下のひげ処理法
女性でも気にしている人が多い鼻の下の産毛の正しい処理の仕方、やってはいけない処理方法を詳細にまとめています。
脱毛クリームと抑毛クリーム違い
脱毛・除毛クリームと抑毛クリーム、女性のひげ処理にはどちらが安全なのか詳しく調べてみました。
ブラジリアンワックスは顔に使えるか
ブラジリアンワックスは顔に使えるのか効果や安全性などを詳細に調べまとめてみました。
電気シェーバーによる産毛処理
肌に優しい産毛の自己処理方法である電気シェーバーのメリットデメリット、カミソリとの違いなどを詳しくまとめました。
毛抜きがダメな理由
毛抜きによるひげ処理の危険性や毛抜きにかわるひげ処理方法などを詳しく紹介します!