女性,ひげ

 

女,ひげ

女性でも鼻の下や口周りに産毛が生えるのは自然なことなのだが、ホルモンバランスが乱れたり、間違ったひげ処理法によっては、濃いヒゲになってしまうこともある。口周りは目立つ箇所だけに、気にする女性も実に多い。産毛ではなく、濃いヒゲともなると自己処理ではなく、エステや家庭用脱毛器を使っての脱毛を検討し始める人もいるようじゃな。

 

医療脱毛やエステは費用が高い上に予約が取りにくいため、1度購入してしまえば自宅でいつでも使える家庭用脱毛器も人気を集めている。中でもケノンは、効果や使いやすさでかなりの評判じゃ。ただ心配なのは、顔という目立つ箇所に使っても本当に大丈夫なのか、ということじゃ。そこでケノンの効果や安全性ついて詳しく調べてみることにしたぞ。

 

 

ケノンは顔にも使えるのか?

 

ケノンは全身だけでなく顔全体の脱毛ができる数少ない家庭用脱毛器じゃ。よく比較される家庭用脱毛器トリアが脱毛できる範囲は「鼻下とアゴ」と言われておるから、ケノンはかなり幅広く脱毛できる機種となる。

 

ケノンの顔脱毛可能部位 頬・アゴ・鼻下・額・フェイスライン・モミアゲ・眉

 

ケノンの脱毛効果

 

ケノンを使って脱毛を繰り返すことで、ヒゲが生えるまでの周期が長くなってくる。だが永久脱毛効果はないぞ。永久脱毛処理ができるのは、医療脱毛のみ。エステや家庭用脱毛器では一時的にヒゲが生えなくなっても、時間がたてばまた生えるようになってくるぞ。

 

ケノンは顔脱毛には効果なし?
確かにケノンには「顔の産毛には効果がない」といった声もあったようだが、今ではその悩みを解決すべく顔の産毛用の「ラージカートリッジ」というものが別売りで販売されておる。

 

女性,ひげ

 

これにより顔の産毛脱毛にも対応できるようになったと評判じゃ。もう1つ照射面積が狭く他のケノンのカートリッジよりも強力な照射力をもつストロングカートリッジというのもある。

 

女性,ひげ

 

こちらは、照射面積が狭く照射力が高いため男性のヒゲには最適じゃ。ラージで効果がなければこちらを試してみてもよいが、初めて使う場合はいきなり出力のつよいストロングではなく、ラージカートリッジから始めて様子を見ることをおススメするぞ。

 

ケノンの口コミ

 

実際にケノンを使って顔脱毛した人の口コミを集めてみたぞ。まずは良い口コミから紹介するぞ。

 

ケノンの良い口コミ

 

楽チンで嬉しい

年   齢

評  価

30代

女,ひげ

鼻下は、レベル4からスタートしました。
冷やしながらすれば、痛さもほとんどないし、毛が嘘のように生えてきません。
今までは、剃った場合は、3日もすればチクチクして大変だったのに、今のところ2週間くらいは生えてきてません。
あとどれくらいで、生えてくるのかわからないけど、これから、生えてきたとしても、今までの苦労からしたら、本当に楽チンです。

 

ひげがめだたなくなってきた!

年   齢

評  価

30代

女,ひげ

顔メインに3ヶ月弱使ったところです。
鼻下の、色は薄いけどもさもさ生えてくるひげを何とかしたかったのですが、レベル10を週1であてて今はほとんど目立たなくなりました。2ヶ月くらいは伸びるスピードは遅いけど抜けてはないな~って感じだったのですが、最近は黒いぽつぽつも無くなって、あれ?この辺いつの間にか抜けてる!?と感じられるようになってます。

 

半信半疑が嬉しい結果に!

年   齢

評  価

40代

女,ひげ

ドキドキしながら挑戦した顔や鼻の下も。 え?という感じですが、毛穴自体が消えてツル ツル。 剃った時のプツプツ状態と全く違い、ツルツ ルスベスベの肌。 何度も見入ってしまいます。 他の濃い目のムダ毛達も、回数を重ねるごと に消えていくのかと思うと、楽しみで仕方あ りません。

 

口周りの産毛に効果あり!

年   齢

評  価

50代

女,ひげ

今では口周りにも使用しています。 鼻の下の産毛の伸びが早く、ケノンを使う前は カミソリで二日に一回の割合で剃っていましたが ケノンを使ってから気にならなくなりました。 ちなみにレベル9でやってますが、しっかり冷やしているからか痛み等はありません。

 

ひげは生えにくくなるといっただけでなく、毛穴が目立たなくなるなど美肌効果まで感じている人もいるようじゃな。

 

ケノンの悪い口コミ

 

ケノンは良い口コミが本当に多く、効果がないなどの悪い口コミが少ない。なので悪い口コミ、というよりも火傷をsh多などの気になる口コミを紹介するぞ。ケノンを使う上での参考にしてほしい。

 

火傷してしまった

年   齢

評  価

20代

 

女,ひげ

1~2回目は強さがよくわからなかったので腕と足はLv3~5を使用してました。
脇と鼻下はLv8です!1~2回は皮膚に異常がありませんでしたが3回目にLvをあげてみようと思いLv7にしてみたところ、腕と足が少し火傷のようになりました。ちゃんと照射前後に冷却したのですが私の皮膚自体があんまり強くなかったみたいでLv5くらいまでが限界のようです。

 

ホクロに火傷

年   齢

評  価

30代

 

女,ひげ

美顔器としても使用出来、コスパはとても良いです。ただし、ホクロがある部分に使用すると火傷する事があります。一度お腹に使用した際に、ホクロの上から照射してしまい火傷しました。使用には多少注意が必要です。

 

照射箇所がわからなくなってしまう

年   齢

評  価

30代

 

女,ひげ

照射・・・脇、ひざ下、鼻下。 照射部分が重ならないようにと思いながら冷却・照射・冷却と繰り返すとどこまで照射したのかわからなくなりました。まだらになるかも!不安です。 照射による痛みはしっかり冷やせばほとんど痛みはありません。

 

照射箇所がわからなくなってしまう

年   齢

評  価

40代

 

女,ひげ

ヒゲ脱毛がしたくて購入しました。強さをいくつにしたら良いのか分からずに最初LV1で試してみて、その後LV2で試しました。鼻下は日焼けしたように皮が剥けましたがこのLVでは脱毛効果は全くです。これからLVを上げていき自分に有った強さを探していきたいと思います。

 

女,ひげ

始めて使うと照射レベルがむずかしいようじゃな。弱いと効果が実感できず、出力をあげたら火傷をしてしまったりと、自分の肌に合う照射レベルで十分に脱毛効果が得られるとは限らない。肌が弱い人は少し心配じゃ。またうっかりホクロに照射して火傷をしてしまうなど、操作に慣れてきたころに油断がでてしまい火傷を負うケースもある。ただ、口コミを見る限り、火傷をした人でも評価に☆4つをつけるなど、決して低評価ではないことから、軽症で済んでいると考えられる。とはいえ、使用には十分注意が必要だぞ。

 

ケノンでひげ脱毛をする際の注意点

 

照射レベルは1番低いものから試す

ケノンの照射レベルは10レベルある。普通肌でレベル4~6といわれているが初めて使う場合は、レベル1から徐々に強くしていくことを強く勧める。肌の状態は個人差があるから、口コミで「ひげにはレベル7がおススメ!」と書いてあっても焦らず弱い出力から試すことが安全に使うポイントじゃ。特に顔の肌は身体と比べデリケートだから身体で大丈夫でも、必ずレベル1から始めること。

 

目や唇、ホクロには照射しない

フラッシュは黒い色に吸収されるため、ホクロやシミ、目や唇など色が濃い部分へ照射すると火傷の原因となる。口周りのヒゲは特に唇に当てないよう注意が必要じゃよ。

 

脱毛回数は2週間に1度

公式サイトでも照射頻度は2週間に1度とかかれておる。ひげには毛周期というものがあり、1度照射すると一定の期間をあけなければ脱毛に適した状態にはならんのじゃ。

 

使用前後に冷却する

冷却が足りないと痛みを感じたり、肌へのダメージが生じる場合がある。使用前にしっかり冷やすことで肌の急激な温度上昇を防ぎ、使用後は肌の熱を覚ますためにも冷却は必要なんじゃ。しかも広範囲をまとめて冷却するのではなく、1回1回の照射前後にこまめに冷却することが大切じゃ。

 

 

とにかく素人判断で使い始めるのではなく、説明書をしっかり読み理化してから使ってほしい。


 

ケノンでひげを処理するリスク

 

なんといっても家庭用脱毛器は素人が使うものじゃ。そのため照射レベルは低めに設定されているとはいえ、使い方を間違えると思わぬトラブルが発生してしまう。初めての人も、慣れてきた人も慎重につかうことを約束してほしい。

 

火傷のリスク

口コミにもあったように、火傷を負う人はいるようじゃ。ホクロやシミなど色素の濃い箇所に照射しない、いきなり強いレベルで照射しない、というのは大前提。だが照射レベルを徐々に上げていった場合でも、上げたレベルが肌にあわず火傷してしまう人がいること口コミでわかった。幸い重症には至らなかったようじゃが、そういったリスクがあることは理解して使ってほしい。また照射口を肌に強く押し当てすぎることも火傷につながるから注意してくれ。

 

肌あれを起こす

肌への負担を最小限になるよう設計されているケノン。だがやはり自分にあった照射レベルを見極めるまでは、火傷までいかずとも肌荒れを起こしてしまうことがある。特に身体と違い肌の薄い顔は慎重に慎重を重ねることじゃな。

 

 

ケノンは口コミで非常に評判のよい家庭用脱毛器じゃ。使用上の注意を守り照射レベルが肌質にあっていれば、ひげの悩みから解法してくれる心強い味方となる。だが、使い始めや慣れてきたころに火傷など肌トラブルにつながるリスクがあることも心にとめておいてほしい。


 

【脱毛前に試してほしい!】女性のひげ処理には抑毛クリーム

 

ケノンは正しくつかえば脱毛効果の高い商品じゃ。だが一歩間違えば火傷などのリスクがある。高い商品だけにそういったトラブルを起こし、不安になって使えなくなってしまってはもったいない。また脚や腕と違い、顔は洋服で隠れる場所ではないだけに、トラブルを起こしてしまったら後悔するじゃろう。

 

そこでケノンを検討している女性に、まず使ってみてほしいのが抑毛クリームなんじゃ。抑毛クリームは、朝晩ぬるだけで、ケノンと同じようにヒゲが生える周期を遅くすることができるんじゃ。また生えてくるヒゲも薄く細くなってくる。

 

しかも抑毛クリームは、大豆イソフラボンやザクロエキスなど女性ホルモンに似た働きをする天然由来成分の力によって抑毛効果を出している。強い薬剤などを使っているわけではないから、小さなお子さんでも安心して使えるくらい安全なものじゃ。

 

リスクといえば、化粧品なので肌に合わない場合があることくらいじゃな。肌に合わない程度なら使用をやめればすぐに治るものだから心配もいらないぞ。

 

抑毛クリームのメリットとデメリットを紹介してみよう。

 

抑毛クリームのメリット

  • 塗るだけで簡単手間なし。
  • ひげ処理回数が減らせる
  • ひげの生える周期が遅くなる
  • ひげが細く薄くなってくる
  • 保湿成分、美容成分により美肌効果がある
  • 色素沈着や毛穴の開き等の改善に期待できる
  • 肌への負担がない
  • 子どもでも安心して使える

 

抑毛クリームは、ひげが生えにくくなるだけでなく、保湿成分や美容成分を配合したものが多いため色素沈着や毛穴の開きなどの改善も期待できる優れものじゃ。朝晩のスキンケアとしてぬるだけでよいから、忙しい女性や面倒くさがりの女性でも長く使っていけるのも特徴じゃ。

 

抑毛クリームのデメリット

  • 肌に合わない場合がある
  • 即効性はない

 

抑毛クリームは、天然由来成分の力で抑毛していくため、即効性はない。といっても1か月から3か月の間に効果を実感する女性が多いようじゃ。ケノンも2週間に1回の照射頻度であるから、効果実感までの期間は抑毛クリームとそうはかわらないかもしれんな。

 

 

ケノンも抑毛クリームも永久脱毛効果はなく、効果実感まで同じくらいの期間であれば、目立つ顔だけにまずはリスクのない抑毛クリームを試してみることをおススメするぞ。


 

おススメ抑毛クリームクリームランキング

 

関連ページ

あごひげ処理法
女性のあごひげ、処理しないと気になって仕方ないけれど、間違った方法を繰り返すことで逆に太くなってしまうことも。そこで色々な処理方法の中から肌に負担の少ない方法をご紹介します。
ひげを薄くする方法
女性のひげを薄くするための方法を詳しくまとめています。
青ひげ処理方法
気になる女性の青髭を目立たなくするための正しいひげ処理方法や対策をご紹介します。
ひげを剃ると濃くなる?
女性のひげを剃るとヒゲが濃くなるという噂は本当かどうか検証してみました!
ひげが濃いのは病気?
女性に濃いひげが生えるのは病気なのか、他に原因はあるのか詳しく調べてみました。
ピルで抑毛はあり?
女性のひげはピルを飲むことで効果が得られるのか、安全性はどうなのかなど気になることを調べてみました。
おススメの脱毛法
脱毛には、医療脱毛、エステ・脱毛サロン、家庭用脱毛といった様々な方法があるが、どれが安全で効果が高いのか徹底比較してみました。
濃いヒゲの原因はホルモンバランス
女性の濃い髭の原因の1つといわれているホルモンバランスの乱れの改善方法を詳しくまとめました。
中学生のひげ処理方法
中学生が行うひげ処理はどの方法がベストか詳しくまとめています。
年齢別ひげの原因と対策
20代、30代、40代、50代と年代別によるひげの生える原因とそれに対する対策を詳しくまとめてみました。
濃いヒゲの予防法
女性の濃いヒゲは予防できるのか、濃いヒゲの原因と予防策を詳しくまとめてみました
子どものおススメひげ処理法
小学生のお子さんでも安心して行えるおススメの口ひげ処理法をご紹介します。
鼻の下のひげ処理法
女性でも気にしている人が多い鼻の下の産毛の正しい処理の仕方、やってはいけない処理方法を詳細にまとめています。
脱毛クリームと抑毛クリーム違い
脱毛・除毛クリームと抑毛クリーム、女性のひげ処理にはどちらが安全なのか詳しく調べてみました。
ブラジリアンワックスは顔に使えるか
ブラジリアンワックスは顔に使えるのか効果や安全性などを詳細に調べまとめてみました。
電気シェーバーによる産毛処理
肌に優しい産毛の自己処理方法である電気シェーバーのメリットデメリット、カミソリとの違いなどを詳しくまとめました。
毛抜きがダメな理由
毛抜きによるひげ処理の危険性や毛抜きにかわるひげ処理方法などを詳しく紹介します!