女性の鼻の下のひげは剃る?抜く?正しい処理方法を徹底解説

女,ひげ

 

女性でも気にしている人が多い鼻の下の産毛だが、処理法としてはカミソリや毛抜きが人気なようじゃ。だが実はこの2つの処理法も長年続けていると、肌がくすんだり産毛がひげのように濃くなるなど問題点もあるんじゃ。ただカミソリや毛抜きでもそういった問題を軽減することができる正しい処理法があることは確か。そこで、正しいひげ処理方法や肌に負担をかけないおススメのひげ処理法などを詳しくまとめて紹介するぞ。

 

 

【手軽で簡単】カミソリを使った正しい処理方法

 

カミソリは女性の80%が行っている一番一般的なひげ処理方法じゃ。それだけに何も考えずに行っていて、肌がくすん出来て初めて不安を感じる女性も多いようじゃな。

 

カミソリは刃が直接肌にあたってしまうとそれが刺激となり、メラニン色素が過剰に生成され肌がくすんできてしまうのじゃ。だからカミソリを使って処理をするときは、肌に刺激を与えないように行うことがポイントになる。後程、正しい処理方法をお伝えしよう。

 

 

博士、カミソリで剃るとヒゲが濃くなるって聞いたことがあるんですが本当ですか?


 

いや、カミソリ処理でヒゲが濃くなるということはないぞ。ただ濃く見える、ということは確かにある。


 

ん?どういうことですか?


 

カミソリで剃ると、ヒゲの断面が平らになり剃り跡がはっきりみえてしまうんじゃ。産毛というより太いヒゲの場合、余計濃くみえるようじゃな。


 

なるほど。ひげ自体が濃くなるわけじゃないんですね。


 

そうじゃ。カミソリのデメリットといえば、色素沈着をおこし肌がくすんでしまうことじゃ。ちょっと正しいカミソリの使い方を紹介しておこう


 

カミソリを使った正しいひげ処理法

 

肌を事前にあたためる

蒸しタオルやお風呂で肌を温めるとヒゲが柔らかくなり、肌の負担が減るんじゃ。

 

シェービングフォームを使う

シェービングフォームの泡は消えにくく、カミソリの刃が直接肌にあたるのを防いでくれる。石鹸やボディソープだと泡が消えやすいうえ、肌の皮脂を奪い乾燥させてしまうんじゃ。シェービングフォームには保湿成分が入ってるものもあり、その点でも安心じゃ。

 

ヒゲの生え方に合わせて剃る

ヒゲの生え方と逆に剃ると、肌に直接カミソリの刃があたってしまう。

 

保湿をしっかり行う

カミソリでひげ処理を行うと、多少なり角質をそぎ落としてしまう。保湿成分の入った化粧水などでしっかりケアすることで肌のバリア機能を回復させることが大切じゃ。

 

カミソリはできるだけ、刃が直接肌にあたらないように気をつけてほしい。そうすることで色素沈着のリスクを軽減させることができるぞ。

 

電気シェーバーも色素沈着するのか?

 

カミソリではなく、電気シェーバーでひげ処理をする女性もいる。電気シェーバーのメリットは、刃が直接肌にあたらないよう設計されていることじゃ。なので誤って肌を傷つけたり、色素沈着を起こす可能性が低い。

 

ただ刃が直接肌にあたらないだけに、カミソリほど深剃りはできないんじゃ。産毛程度なら電気シェーバーでも十分かもしれん。だが濃いめのヒゲの場合は、電気シェーバーだと剃った後でもヒゲがポツポツ目立ったり肌表面でチクチクするなんて言われているぞ。

 

 

電気シェーバーは、どちらかというと薄いひげの女性におススメのアイテムじゃ。


 

【やってはいけないヒゲ処理法】毛抜きを使うならこの方法で試すべし

 

女,ひげ

 

毛抜きによるひげ処理は一般的なものの、実はやってはいけないひげ処理法なんじゃよ。

 

 

え、どうして?


 

毛抜きでひげを抜いた場合、毛幹と呼ばれる部分だけが抜け、ひげの生成に係わる毛乳頭や毛母細胞は毛穴に残ってしまうんじゃ。


 

残るとダメなんですか?


 

残った毛乳頭や毛母細胞は、次に生えるひげは抜けないよう、太く硬いひげを作ろうとしてしまうんじゃ。


 

それじゃ、ひげが濃くなるってこと?


 

そういうことじゃな。毛抜きによるひげ処理はやらない方がいいんじゃよ。


 

そう、毛抜きによるひげ処理を行っていると、ひげが濃くなる原因になってしまうんじゃ。上手に抜けるとツルツルになり、カミソリよりも次にひげが生えてくるまでの期間が長いため、人気な方法ではあるがな。ひげを濃くしたくなければやめた方がよい。

 

だが、どうしてもの場合、次に紹介する方法で行うと多少、肌への負担が軽減ができる。何もしないよりはマシ、という程度だが毛抜きを使う場合はためしてみてほしい。

 

毛抜きの正しいひげ処理方法

 

肌を温める

肌を蒸しタオルなどで事前に温めておくと、毛穴が開き、ヒゲも柔らかくなるため抜くときの負担が軽減できる。

 

ひげの生え方に合わせてぬく

ひげの生え方とは逆にぬくと、毛乳頭が曲がり次に生えるヒゲが変な方向にはえ、埋没毛の原因となる

 

保湿をする

毛抜きを使った後は、保湿成分の入った化粧水でしっかりとケアをし、傷めた肌をいたわることが必要だぞ。

 

【安心安全】抑毛クリームは優秀なひげ処理アイテム!

 

一般的にしられているカミソリや毛抜きが、色素沈着やひげを濃くするなどの問題があるとわかり、どうすればいいのか困っている女性もいるだろう。でも、そういったリスクのない安心して使えるひげ処理アイテムがあるんじゃ。それが抑毛クリームじゃ。

 

抑毛クリームとは?

 

抑毛クリームの効果

・ひげの生える周期が遅くなる
・ひげが細く薄くなる

効果の実感までの期間 約1カ月から3か月
抑毛クリームの使い方 朝晩ぬるだけ

 

何といっても朝晩ぬるだけでよいという手軽さが人気なんじゃ。それで使っているうちに、ヒゲが生える周期が遅くなり、細く薄くなってくるなら嬉しい限りじゃな。ひげ処理回数が減らせれば、色素沈着などのリスクも軽減できるというわけじゃ。

 

メリット

・ひげ処理回数がへらせる 
・ひげの生える周期が遅くなる 
・ヒゲが細く薄くなる 
・肌への負担がない 
・手軽で簡単 
・毛穴の開き・色素沈着などの改善が期待できる 
・美容成分による美肌効果が期待できる 
・子供でも安心してつかえる

デメリット

・即効性はない
・肌に合わない場合がある

 

抑毛クリームは、抑毛成分だけでなく美容成分も配合されているものが多い。そのため、色素沈着や毛穴の開き、肌の乾燥などひげ処理に伴う肌トラブルの改善も期待できるといううれしいオマケつきじゃよ。

 

 

ただ抑毛クリームは、強い薬剤などは使っておらず、大豆イソフラボンなど天然由来成分により抑毛効果を出しているため即効性はないんじゃ。とはいえ、多くの人が1か月から3か月使い続けることで効果を実感している。それが長く感じるか短く感じるかは、人によると思うがな。

 

ひげを濃くする、色素沈着をおこす、などのリスクなしで安心してひげ処理を行っていきたい人に抑毛クリームはおススメじゃ。

 

 

抑毛クリームは脱毛・除毛クリームとはちがう。そこを勘違いすると効果がない!とがっかりしてしまうから注意してくれ。抑毛クリームは、あくまでもひげ処理を行いながら使い続けることでひげの生える周期を遅くしたり、ヒゲを細く薄くするものだぞ。


女性,ひげ,鼻の下

おススメ抑毛クリームクリームランキング

 

【最後の手段】脱毛をしてみる

 

抑毛クリームは安心して使えるひげ処理アイテムだが、すでに太く濃くなってしまったひげには効果が実感しにくいかもしれん。そういった場合は、脱毛もおすすめじゃ。

 

脱毛には、医療脱毛、エステ・脱毛サロン、家庭用脱毛器、この3つによる方法が一般的じゃな。

 

ただ永久脱毛ができるのは、医療脱毛のみとなる。エステや脱毛サロン、家庭用脱毛器は一時的にヒゲが生えにくい状態、ヒゲが生える周期を遅くしている状態じゃ。回数を重ねることで永久脱毛に近い効果は得られるものの、結局はまたじゃえてきてしまうんじゃ。

 

 

医療脱毛

エステ・脱毛サロン

家庭用脱毛器

メリット

・永久脱毛効果が高い
・有資格者による施術で安心
・肌トラブルがおきても医師による迅速な対応がうけれる
・少ない回数で脱毛効果が得られる 
・施術前後のケアが万全

・痛みがレーザー脱毛より少ない
・光脱毛には美肌効果がある
・施術後に赤味がでにくい
・施術前後のケアが万全

・自宅で何回でもできる
・家族全員で使える
・美肌効果がある(機種による)
・好きな時間にできる
・脱毛範囲など自分で自由にできる

デメリット

・痛みが強め
・施術後に肌に赤味がでやすい

・脱毛効果を得るまでに回数がかかる
・中に最後まで効果を実感できない人もいる

・脱毛効果が低いまたは期間がかかる
・間違った使い方によるトラブルがある
・自分で行うのが面倒になる

 

どの方法も高温処理のため、極マレではあるが火傷などのリスクがある。医療脱毛やエステの場合は、無料カウンセリングで雰囲気を知り、経験や実績のあるところを選ぶなど慎重に選ぶことも大切じゃ。そして家庭用脱毛器を使う場合は、取り扱い説明書をしっかりと読み込み、正しく使うことじゃ。

 

こちらに脱毛方法について詳しくまとめたページもあるのでよかったら参考にしてほしい。
【安全なのはどれ?】女性のひげ処理に1番おすすめの脱毛方法

 

生活習慣からひげを濃くする原因を改善

 

これまでは、ひげ処理方法を紹介していたが、実は生活習慣を見直すことでもひげを薄くすることもできる。ヒゲはホルモンバランスが乱れることで濃くなってしまう。産毛だったものが、太く濃くなってきたなという場合は、ホルモンバランスの乱れが原因かもしれん。以下のことに注意しできることから改善してみてほしい

 

ストレス

ストレスがたまるとホルモンバランスが乱れるといわれている。忙しいとなかなか好きなことをする時間が持てず発散しにくいが、ストレスをため込む前に、小出しに発散していくようにしてほしい。

  • 通勤時間に好きな音楽や動画をみる
  • 仕事の合間にお気に入りのお茶やお菓子を食べる
  • 好きな花や写真を飾る
  • アロマを焚く 

など、まとまった時間はなくてもできる好きなことをぜひ見つけてみてほしい。

 

睡眠不足

睡眠不足もホルモンバランスを乱してしまうのだが、なかなか理想の睡眠時間を取れる人は少ないのが現実じゃ。であれば、睡眠の質をあげることに努めてほしい。

 

【睡眠の質をあげるには】

女,ひげ

  • 就寝1時間前にはスマホやPCの使用をさける
  • 就寝3時間前には食事をすます
  • 就寝時は部屋の明かりを暗くする
  • 就寝前のカフェイン飲料は控える
  • 枕やベッドマットなどの寝具にこだわる

など

 

栄養バランスの偏った食生活

女,ひげ

忙しいと食事に時間を割くのも惜しくなる気持ちはわかる。だが身体をつくるのは自分が食べた食事ということも忘れないでほしい。肉だけ、野菜だけ、コンビニ弁当や外食ばかりといった食生活では栄養状態も悪い上、ホルモンバランスも乱してしまう。肉や魚などのたんぱく質に野菜をプラスするなど、お腹をみたすことだけでなく栄養についても考えてほしい。場合によってはサプリなどを利用しても良いと思うぞ。

 

また女性ホルモンを増やすイソフラボンなども積極的に取り入れてみてほしい。

 

大豆イソフラボン 女性ホルモンに似た働きをする 豆腐、納豆、みそ、きなこ、高野豆腐など大豆食品全般
ビタミンB6 女性ホルモンのエストロゲンの代謝に働きかけホルモンバランスを整える レバー、サンマ、、まろ、サツマイモ、バナナ など
ビタミンE ホルモン分泌をコントロールする かぼちゃ、いくら、めんたいこ、など

 

喫煙

女,ひげ喫煙も女性ホルモンを減少させてしまうんじゃ。健康被害もあることから、禁煙するのが1番だが、それがストレスになってもいけない。せめて1日の本数を減らすなどできることから始めてみてほしい。

 

 

生活習慣を見直すことでヒゲを薄くするには時間がかかる。抑毛クリームなどのひげ処理を上手に行いながら、じっくり焦らず取り組んでみてほしい。


女性,ひげ,鼻の下

おススメ抑毛クリームクリームランキング

関連ページ

あごひげ処理法
女性のあごひげ、処理しないと気になって仕方ないけれど、間違った方法を繰り返すことで逆に太くなってしまうことも。そこで色々な処理方法の中から肌に負担の少ない方法をご紹介します。
ひげを薄くする方法
女性のひげを薄くするための方法を詳しくまとめています。
青ひげ処理方法
気になる女性の青髭を目立たなくするための正しいひげ処理方法や対策をご紹介します。
ひげを剃ると濃くなる?
女性のひげを剃るとヒゲが濃くなるという噂は本当かどうか検証してみました!
ひげが濃いのは病気?
女性に濃いひげが生えるのは病気なのか、他に原因はあるのか詳しく調べてみました。
ピルで抑毛はあり?
女性のひげはピルを飲むことで効果が得られるのか、安全性はどうなのかなど気になることを調べてみました。
おススメの脱毛法
脱毛には、医療脱毛、エステ・脱毛サロン、家庭用脱毛といった様々な方法があるが、どれが安全で効果が高いのか徹底比較してみました。
濃いヒゲの原因はホルモンバランス
女性の濃い髭の原因の1つといわれているホルモンバランスの乱れの改善方法を詳しくまとめました。
中学生のひげ処理方法
中学生が行うひげ処理はどの方法がベストか詳しくまとめています。
年齢別ひげの原因と対策
20代、30代、40代、50代と年代別によるひげの生える原因とそれに対する対策を詳しくまとめてみました。
濃いヒゲの予防法
女性の濃いヒゲは予防できるのか、濃いヒゲの原因と予防策を詳しくまとめてみました
ケノンの安全性
家庭用脱毛器で人気のケノンの安全性や効果など徹底的に調べてみました。
子どものおススメひげ処理法
小学生のお子さんでも安心して行えるおススメの口ひげ処理法をご紹介します。
脱毛クリームと抑毛クリーム違い
脱毛・除毛クリームと抑毛クリーム、女性のひげ処理にはどちらが安全なのか詳しく調べてみました。
ブラジリアンワックスは顔に使えるか
ブラジリアンワックスは顔に使えるのか効果や安全性などを詳細に調べまとめてみました。
電気シェーバーによる産毛処理
肌に優しい産毛の自己処理方法である電気シェーバーのメリットデメリット、カミソリとの違いなどを詳しくまとめました。
毛抜きがダメな理由
毛抜きによるひげ処理の危険性や毛抜きにかわるひげ処理方法などを詳しく紹介します!