【カミソリより良い!】女性の産毛処理に電気シェーバーがいい理由

女,ひげ

 

電気シェーバーは肌に刃が直接あたらないため肌への負担が少なく、傷つける心配もないため、1番肌に優しい自己処理処理法じゃ。カミソリと比べられることも多いが、どう違い、どんなメリットデメリットがあるのか、正しい使い方などを含め詳しく紹介していこう。

 

 

電気シェーバーのメリットデメリット

 

電気シェーバーのメリット

 

肌に刃が直接当たらず負担が少ない

電気シェーバーは、 刃が直接肌にあたらない設計になっているため、肌との摩擦が少ない。そのためカミソリのように肌に色素沈着をおこす心配が少ないんじゃ。

 

誤って肌を切ってしまう心配がない

刃が直接肌にあたらないため、肌を誤って切ってしまう心配がいらない。小学生のお子さんにも安心して使わせることができるくらいじゃ。

 

メイク後でも処理が可能

やはり刃が直接肌にあたらないため、カミソリのようにシェービングフォームなどを使う必要がない。肌が乾いた状態でも剃ることができるためメイク後でもサッと産毛処理をすることができるぞ。

 

電気シェーバーのデメリット

 

深剃りができない

刃が直接肌にあたらないため、カミソリのように深剃りができない。なので剃り跡が黒く目立ってしまったり、触るとチクチクしてしまう。

 

ひげ処理頻度が多い

深剃りができないため、カミソリで剃るよりも産毛が肌に残ってしまう。カミソリよりも産毛の処理頻度がどうしても多くなってしまうんじゃ。

 

電気シェーバーとカミソリの違い

 

電気シェーバーとカミソリの大きな違いは、肌に刃が直接当たるか当たらないか、によるものが大きい。

 

カミソリは、肌に刃が直接あたるため、

  • 深剃りができるため剃り跡が目立ちにくい
  • 電気シェーバーよりひげ処理回数が少ない
  • 肌を誤って切ってしまう場合がある
  • 肌の摩擦により色素沈着をおこしてしまう

といったメリットもデメリットもある。

 

カミソリ処理が嫌われる大きな理由の1つに「色素沈着」がある。刃が直接肌にあたるため、それが刺激となりメラニン色素が過剰に生成され肌に色素沈着をおこしてしまうんじゃ。長年カミソリにより産毛処理をしていると肌がくすんでくるのは、メラニン色素によるものなんじゃよ。

 

その点、電気シェーバーは色素沈着など肌トラブルを起こす可能性はひくい。だかその分、産毛を深剃りできないため、剃り跡が目立ちやすいんじゃ。

 

そう言ったことを考えると電気シェーバーに向いている人は、産毛が薄く目立たない人、と言えるじゃろう。逆にカミソリに向いている人は、産毛が濃く目立つ人、ではなかろうか。あくまでも個人的な考えではあるが、電気シェーバーを検討している場合、産毛の濃さなども考慮した方が後悔は少ないと思うぞ。

 

女,ひげ

「欲しいけれど、電気シェーバーで剃り跡が目立つのはちょっと・・・」と迷ってしまった方は、後程くわしく紹介する抑毛を検討してみてほしい。ひげを薄く目立たなくする効果があるものなので、まずは抑毛クリームで薄くしつつ電気シェーバーでひげ処理をする、ということも可能になると思うぞ。

 

電気シェーバー,女性,産毛

おススメ抑毛クリームクリームランキング

 

電気シェーバーの正しい使い方

 

電気シェーバーは、カミソリのように事前に肌を温めるなど煩わし準備がいらない。機種により違ってはくるが、一般的な電気シェーバーの使い方を紹介しよう。

 

産毛の流れとは逆に剃る

カミソリとは違い、電気シェーバーは産毛の流れとは逆に剃るのが一般的じゃ。

 

乾いた状態で使う

シェービングフォームなどを使わず、肌が渇いた状態で使ってOK。だがシェービングフォームを使うことで、更に肌への摩擦が減り、負担を減らすこともできるぞ。

 

処理後は保湿をする

肌に優しいとはいえ、やはり多少の摩擦はかかる。外出先やメイク後でなければ、保湿成分の入った化粧水などで保湿し、ケアしておくことで肌をより良い状態に保つことが出来る。

 

電気シェーバーの選び方

 

使用したい部位で選ぶ

電気シェーバーには、フェイス用だけでなく全身に使えるものもある。顔の産毛処理だけで考えている場合と、できれば全身にも使いたい場合では選び機種も違うのは当然じゃ。ヘッドを交換することで色々な部位にしようできるものもある。当然、使用部位が増えれば価格も上がってくるため、まずは自分がどの部分に使いたいのか明確にしておくことじゃ。

 

使用したい場所で選ぶ

フェイス用で外出先や旅行先での使用も考えているなら、化粧ポーチに入れ携帯できるものが便利じゃ。産毛が薄く自宅でしか使わない場合でも、浴室でも使える防水仕様がよいのか、防水仕様はいらないのか、など、自己処理をする場所によってもえらい機種が変わってくるぞ。

 

電源の形式で選ぶ

電気シェーバーにも、乾電池式、充電式などがある。こちらも自分が産毛処理をどこで行うことが多いのか、どんな状況で使いたいのかをよく考えて選ぶと失敗が少ないぞ。

 

女性に人気の電気シェーバーはコレ

 

電気シェーバーは本当に色々な種類があるが、中でも女性の産毛処理に人気のものを紹介しよう。

 

Panasonic フェリエ フェイス

 

女,ひげ

 

エステで自己処理アイテムとしておススメされることも多いというフェリエ。女性用電気シェーバーといえば必ず名前が上がるほど人気の商品じゃ。ヘッドが小さく小回りが利くため、剃りやすいと評判。コンパクトで化粧ポーチにも収まるサイズのため持ち運びに便利。カラーも女性好みの優しい色合いで、人に見られても電気シェーバーとは思えない見かけも好評じゃ。

 

bi-hada(ビハダ) 音波振動カミソリ

 

女,ひげ

電気シェーバーの中でも600円前後と低価格。従来のフェイス用電気シェーバーよりも鋭利な刃先にため、産毛の根元に入り込みしっかりカット。剃り残しが少ないといわれている。音波振動により葉が肌に与える抵抗を軽減してくれる点も魅力じゃ。

 

【剃り跡を薄くするために】抑毛クリームを活用!

 

肌に優しい電気シェーバーのデメリット「深剃りができず剃り跡が目立つ」という点で、電気シェーバーの購入をためらっている女性や、電気シェーバーではひげ処理頻度が多くて面倒、と感じている女性などに、便利なアイテムがある。それが抑毛クリームじゃ。

 

抑毛クリームは、産毛の生える周期を遅くし、産毛を薄く目立たなくする効果があるものなんじゃ。しかも朝晩、口周りにぬるだけという至って簡単な方法ときている。

 

抑毛クリームのメリット

  • ひげの生える周期が遅くできる
  • ひげを細く薄くできる
  • ひげ処理回数が減らせる
  • 毛穴の開きや色素沈着の改善も期待できる
  • 保湿効果など美肌効果もある
  • 肌への負担がない
  • 子どもでも安心して使える

 

抑毛クリームは塗るだけのため、肌への刺激や負担がゼロ。抑毛成分だけでなく美肌成分も配合されているため、色素沈着や毛穴の開きなど、今までのひげ処理法で起こってしまった肌トラブルの改善も期待できるんじゃ。

 

抑毛のデメリット

  • 肌に合わない場合もある
  • 即効性はない

 

女,ひげ

抑毛クリームは強い薬剤などを使って抑毛効果を出しているわけじゃない。女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンなど天然由来成分により抑毛している。そのため即効性はない。とはいえ多くの場合1カ月~3か月の間には効果が実感できているようじゃよ。

 

また、化粧品と同様、肌との相性が合わない場合もある。どんな化粧品にもいえることなので、こればかりは仕方ないことじゃな。

 

抑毛クリームを使い、ひげ自体を薄く目だなくしながら、電気シェーバーでひげ処理を行うというのは、肌に優しい最強コンビだとワシは思うのだがいかがだろうか。ひげ処理方法に迷っている方は是非1度抑毛クリームも試してみてほしい。

 

電気シェーバー,女性,産毛

おススメ抑毛クリームクリームランキング

関連ページ

あごひげ処理法
女性のあごひげ、処理しないと気になって仕方ないけれど、間違った方法を繰り返すことで逆に太くなってしまうことも。そこで色々な処理方法の中から肌に負担の少ない方法をご紹介します。
ひげを薄くする方法
女性のひげを薄くするための方法を詳しくまとめています。
青ひげ処理方法
気になる女性の青髭を目立たなくするための正しいひげ処理方法や対策をご紹介します。
ひげを剃ると濃くなる?
女性のひげを剃るとヒゲが濃くなるという噂は本当かどうか検証してみました!
ひげが濃いのは病気?
女性に濃いひげが生えるのは病気なのか、他に原因はあるのか詳しく調べてみました。
ピルで抑毛はあり?
女性のひげはピルを飲むことで効果が得られるのか、安全性はどうなのかなど気になることを調べてみました。
おススメの脱毛法
脱毛には、医療脱毛、エステ・脱毛サロン、家庭用脱毛といった様々な方法があるが、どれが安全で効果が高いのか徹底比較してみました。
濃いヒゲの原因はホルモンバランス
女性の濃い髭の原因の1つといわれているホルモンバランスの乱れの改善方法を詳しくまとめました。
中学生のひげ処理方法
中学生が行うひげ処理はどの方法がベストか詳しくまとめています。
年齢別ひげの原因と対策
20代、30代、40代、50代と年代別によるひげの生える原因とそれに対する対策を詳しくまとめてみました。
濃いヒゲの予防法
女性の濃いヒゲは予防できるのか、濃いヒゲの原因と予防策を詳しくまとめてみました
ケノンの安全性
家庭用脱毛器で人気のケノンの安全性や効果など徹底的に調べてみました。
子どものおススメひげ処理法
小学生のお子さんでも安心して行えるおススメの口ひげ処理法をご紹介します。
鼻の下のひげ処理法
女性でも気にしている人が多い鼻の下の産毛の正しい処理の仕方、やってはいけない処理方法を詳細にまとめています。
脱毛クリームと抑毛クリーム違い
脱毛・除毛クリームと抑毛クリーム、女性のひげ処理にはどちらが安全なのか詳しく調べてみました。
ブラジリアンワックスは顔に使えるか
ブラジリアンワックスは顔に使えるのか効果や安全性などを詳細に調べまとめてみました。
毛抜きがダメな理由
毛抜きによるひげ処理の危険性や毛抜きにかわるひげ処理方法などを詳しく紹介します!