【どっちが安全?】抑毛クリームと脱毛・除毛クリームの違い徹底解説

女,ひげ

 

女,ひげ

女性とはいえ、週1回はひげ処理をしているもの。中には毎日行っている人もおり、その場合はできるだけ簡単なひげ処理法はないかと模索しているようじゃな。その上、カミソリは、肌に刃があたると刺激になり色素沈着をおこしてしまうし、毛抜きはひげを太く濃くする原因となる。カミソリと毛抜きという一般的な方法に問題点があるとは困ったものじゃ。

 

それなら脱毛クリームや除毛クリーム、抑毛クリームといったひげ処理アイテムはどうかと考える人もいる。だがこの3つ、同じようで実は全く違うものなのに、混同して紹介されていることがある。そこで今回は脱毛・除毛クリームと抑毛クリームの効果や安全性などを詳しく説明していこうと思うぞ。

 

 

脱毛、除毛、抑毛の違いを比較

 

女性のひげについて調べていると、「脱毛」、「除毛」、「抑毛」の3つの言葉の意味を混同していることが多い。そこでまずは意味の違いを紹介するぞ。

 

脱  毛

毛をぬいて取り除くこと(毛抜き、エステ・医療脱毛など)

除  毛

肌表面に見えている毛を取り除くこと(カミソリなど)

抑  毛

毛の成長を遅らせ、細く薄く目立たなくすること

 

それぞれの言葉の意味を知った上で、脱毛・除毛クリームと抑毛クリームの違いについて説明しよう。

 

脱毛クリームと除毛クリームは、言葉の意味は違うが製品としては同じものを指すことが多いようじゃ。そのため、脱毛クリームも除毛クリームも、効果としては肌表面の毛を取り除くことになる。カミソリや電気シェーバーなどと同じ役割ってことじゃな。

 

一方、抑毛クリームの効果は塗り続けることで、毛が生える周期を遅くし、生えてくるヒゲを細く薄くしていくものじゃ。抑毛クリーム自体にはひげを取り除く働きはないため、カミソリなどのひげ処理を並行して行っていく必要がある。

 

このように脱毛・除毛クリームと抑毛クリームでは働きが全く違うものなんじゃよ。だから脱毛・除毛クリームで毛を取り除いた後に、抑毛クリームを塗り毛が生える周期を遅くするといった使い方もできるぞ。

 

【顔にも使える?】脱毛・除毛クリームは安全か?

 

脱毛・除毛クリームのアルカリ性の成分はたんぱく質である毛を溶かすことできるんじゃ。肌表面の毛だけでなく、毛穴の中にも浸透するため、除毛した後がツルツルで毛穴の毛が目立ちにくいといったメリットがある。ただ、毛根まで除毛できないため、またすぐに毛は生えてくる。

 

 

博士、たんぱく質を溶かすなら毛だけでなく肌も溶かしてしまうのでは?


 

その通りじゃ。肌の角質層もわずかとはいえ溶かしてしまう。


 

えぇっ!それじゃ危ないんじゃないですか?


 

基本的に除毛クリームをつけて洗い流すまでの時間をきちんと守っていれば問題はない。だが塗ったままにしておくなど使用方法をまもらなければ肌荒れなどを起こすだろうな。敏感肌の人も要注意じゃ。


 

それじゃ、顔に使うのは迷いますね。


 

基本的に除毛クリームは顔には使えんのじゃ。顔の肌は身体に比べ薄いから除毛クリームは刺激が強すぎる。


 

顔は目立つだけに、肌あれなどのトラブルは避けたいですもんね。


 

除毛クリームの中でも低刺激とされている商品でさえ、顔への使用はできないと注意書きされている。残念じゃが、脱毛・除毛クリームはひげ処理アイテムとしてはとしては使えないということになるな。

 

抑毛クリームは安心安全のひげ処理アイテム

 

抑毛クリームは、朝晩ぬり続けることで、毛の生える周期を遅らせ、毛を細く薄く目立たなくする効果がある。そう聞くと、脱毛・除毛クリームのように肌に刺激があるのでは、と不安に思う方もいるだろう。

 

だが、抑毛クリームの多くは女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンなど天然由来成分が主成分じゃ。だから子供にも安心して使わせることができるほどじゃよ。

 

抑毛クリームの効果

・ひげの生える周期が遅くなる
・ひげが細く薄くなる

効果の実感までの期間 約1カ月から3か月
抑毛クリームの使い方 朝晩ぬるだけ

 

抑毛クリームのメリット

  • ひげ処理回数がへらせる 
  • ひげの生える周期が遅くなる 
  • ヒゲが細く薄くなる 
  • 肌への負担がない 
  • 手軽で簡単 
  • 毛穴の開き・色素沈着などの改善が期待できる 
  • 美容成分による美肌効果が期待できる 
  • 子供でも安心してつかえる

 

抑毛クリームの多くは、抑毛成分だけでなく美容成分も配合されている。そのため、カミソリや毛抜きによって生じた色素沈着や毛穴の開きなどのトラブルの改善も期待できるんじゃ。スキンケア化粧品と同じで、使うことで肌に負担をかけることがないのに、ひげを抑制する効果がある優れものじゃよ。

 

抑毛クリームのデメリット

  • 即効性はない
  • 肌に合わない場合がある

 

抑毛クリームは、スキンケア化粧品と同じで、肌に合う・合わないなどの相性はある。これはどんな化粧品にもいえることなので仕方ないことなんじゃ。ただ中には全額返金保証のついている商品もあるため、安心して購入できるものもあるぞ。
また強い薬剤などは使用せず、天然由来成分により抑毛効果をだしているため、即効性はない。ただ多くの人が1か月から3か月使い続けることで、「ひげの生える周期が遅くなった!」「ひげ処理回数が月1回になった!」などの効果を実感しているようじゃ。

 

 

抑毛クリームは、肌にやさしい上、ひげ処理回数を減らせ、ひげを細く目立たなくしてくれる嬉しい商品じゃ。カミソリや毛抜きなどのひげ処理方法に満足できていない方は、ぜひ一度抑毛クリームを試してみてほしい。


女性,ひげ,脱毛クリーム

おススメ抑毛クリームクリームランキング

関連ページ

あごひげ処理法
女性のあごひげ、処理しないと気になって仕方ないけれど、間違った方法を繰り返すことで逆に太くなってしまうことも。そこで色々な処理方法の中から肌に負担の少ない方法をご紹介します。
ひげを薄くする方法
女性のひげを薄くするための方法を詳しくまとめています。
青ひげ処理方法
気になる女性の青髭を目立たなくするための正しいひげ処理方法や対策をご紹介します。
ひげを剃ると濃くなる?
女性のひげを剃るとヒゲが濃くなるという噂は本当かどうか検証してみました!
ひげが濃いのは病気?
女性に濃いひげが生えるのは病気なのか、他に原因はあるのか詳しく調べてみました。
ピルで抑毛はあり?
女性のひげはピルを飲むことで効果が得られるのか、安全性はどうなのかなど気になることを調べてみました。
おススメの脱毛法
脱毛には、医療脱毛、エステ・脱毛サロン、家庭用脱毛といった様々な方法があるが、どれが安全で効果が高いのか徹底比較してみました。
濃いヒゲの原因はホルモンバランス
女性の濃い髭の原因の1つといわれているホルモンバランスの乱れの改善方法を詳しくまとめました。
中学生のひげ処理方法
中学生が行うひげ処理はどの方法がベストか詳しくまとめています。
年齢別ひげの原因と対策
20代、30代、40代、50代と年代別によるひげの生える原因とそれに対する対策を詳しくまとめてみました。
濃いヒゲの予防法
女性の濃いヒゲは予防できるのか、濃いヒゲの原因と予防策を詳しくまとめてみました
ケノンの安全性
家庭用脱毛器で人気のケノンの安全性や効果など徹底的に調べてみました。
子どものおススメひげ処理法
小学生のお子さんでも安心して行えるおススメの口ひげ処理法をご紹介します。
鼻の下のひげ処理法
女性でも気にしている人が多い鼻の下の産毛の正しい処理の仕方、やってはいけない処理方法を詳細にまとめています。
ブラジリアンワックスは顔に使えるか
ブラジリアンワックスは顔に使えるのか効果や安全性などを詳細に調べまとめてみました。
電気シェーバーによる産毛処理
肌に優しい産毛の自己処理方法である電気シェーバーのメリットデメリット、カミソリとの違いなどを詳しくまとめました。
毛抜きがダメな理由
毛抜きによるひげ処理の危険性や毛抜きにかわるひげ処理方法などを詳しく紹介します!