【安全なのはどれ?】女性のひげ処理に1番おすすめの脱毛方法

女性,ひげ

 

カミソリや毛抜きでのひげ処理は最低でも週1回はしなくてはいけないし、長年行うことで皮膚が色素沈着を起こしてしまうことがある。それならいっその事、脱毛してしまおうか、と考える女性も多いかもしれない。だが脱毛となると、家庭用脱毛器がいいのか、エステ、それとも医療脱毛がいいのか、値段が高いがちゃんと効果はあるのか、安全なのか、などなど心配もあることじゃろう。そこで、女性のひげにはどの脱毛方法がおススメか詳しく検証してみたぞ。

 

 

脱毛方法を表で比較!

 

まずは簡単に医療脱毛、エステ・脱毛サロン、家庭用脱毛器の特徴を表にまとめてみたぞ。

 

  医療脱毛 脱毛サロン・エステ 家庭用脱毛器
脱毛方式 レーザー脱毛が定番 フラッシュ脱毛が定番 レーザー脱毛・光脱毛
脱毛効果 永久脱毛効果が高い 永久脱毛効果は低い 永久脱毛効果は低い
施術者 医師など有資格者が施術 資格がなくても施術できる 自分で行う
痛み フラッシュ脱毛より痛みはある レーザー脱毛より痛みは少ない 機種にもよるが痛みは少ない
費用 費用は高いが、永久脱毛効果までの期間は短いのでトータルではエステ脱毛よりも安い場合がある。 費用は安いが、永久脱毛に近い効果を得るまでに回数がかかるため医療脱毛と同等またはそれ以上の場合もある 脱毛器の購入代金。照射カートリッジなどの付属品が必要な機種もある
施術後のトラブル対応 医師によりその場で薬を処方 提携クリニックや他の医療機関を受診 自分で医療機関を受診

 

さぁっと目を通したところで、1つづつ詳しく見ていくことにするぞ。

 

脱毛方法を施術方法で比較

 

レーザー脱毛 レーザーをメラニン色素を含む毛根にあてる。レーザーの熱でヒゲの生成を担う毛乳頭や毛根細胞を破壊するため永久脱毛が期待できる。ただしフラッシュ脱毛より痛みを感じる人が多い。
フラッシュ脱毛 光を毛のメラニン色素にあてる。レーザー脱毛より威力が弱く、ヒゲを生成する毛根細胞を完全に破壊するわけではないため、1カ月ほどで細い毛が再生する。複数回施術することで、毛の再生力が弱まっていく。
ハイパースキン方式 休毛期にあるヒゲの種の細胞分裂を減退しヒゲの生成を抑制。今生えている毛には効果がないく、これから生えるひげに効果がある。

 

医療脱毛の施術方法

 

医療脱毛の主流はレーザー脱毛じゃ。ひげの生成を担ってる毛乳頭を破壊する脱毛行為は医師にのみ認められた行為のため、永久脱毛ができるのは、医療脱毛のみになる。

 

レーザー脱毛は、レーザーの光を毛穴にあて、奥にあるメラニン色素を持つ毛根を熱で破壊するしくみじゃ。毛根には毛乳頭や毛母細胞といったひげを生成する細胞があるから、これを破壊しないとまたひげが生えてしまうからな。だから、ヒゲが生えた状態だとレーザーの光がしっかり奥まで届かない場合があるため、事前にひげ処理を行う必要がある。この時のひげ処理は、カミソリなど毛根の残る処理法でおこなうこと!

 

エステ・脱毛サロンの施術方法

 

エステや脱毛サロンではフラッシュ脱毛が主流。医師がいないと毛乳頭を破壊する行為はできないため、エステや脱毛サロンでは「制毛」や「減毛」になる。
ただ脱毛のしくみはほぼ同じ。メラニン色素を含む毛根に光あて、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えるんじゃ。レーザーの方が威力が強いため毛根を破壊できるが、フラッシュ脱毛はダメージを与える程度。ただ繰り返し行うことで確実に冷げの生成能力は弱まってくるぞ。フラッシュ脱毛も施術前に毛根を残すひげ処理(カミソリ)が必要となるぞ。

 

またエステや脱毛サロンでは、ハイパースキン方式という施術方法を採用しているところもある。これは休毛期にあるひげの毛根を刺激し細胞分裂を抑制する方法じゃ。光脱毛が60℃~80℃の熱で行うのに対し、ハイパースキン法は36℃~38℃と低温。そのため痛みがなくアトピーや敏感肌の女性でも施術できるというメリットがある。ただ今生えているひげに対しては効果がないため、効果が実感しにくいんじゃ。

 

家庭用脱毛器の施術方法

 

家庭用脱毛器は、主にレーザー脱毛と光脱毛の2つが主流じゃ。家庭用脱毛器は機種により値段もピンキリ、それゆえ性能もピンキリじゃ。ただ家庭用脱毛器は素人が行うため、出力は弱く設定されている。そのため、エステや脱毛サロンよりも効果は低めともいわれておる。

 

脱毛方法を安全性で比較

 

医療脱毛の安全性

 

医療脱毛は医師による診察・施術が受けられ、なにかトラブルが起きてもその場で医師が対処し薬を処方してもらえるという安心感は大きい。ただ施術法がレーザー脱毛で威力が強いため、施術後に多くの人が赤みやヒリヒリ感を感じるようじゃ。とはいえ翌日には症状が治まる人がほとんどのため心配はいらないようじゃな。

 

それにやはり威力の強いレーザーじゃ。滅多にないことではあるが

  • 火傷
  • 色素沈着
  • 毛嚢炎になる
  • かゆみを感じる

といった症状がでてしまうこともある。

 

 

病院の実績や評判だけでなく、無料体験なども利用し契約前に施術者の技術やサービスなどをしっかりチェックしておくことも大切じゃな。


 

エステ・脱毛サロンの安全性

 

エステや脱毛サロンの場合、エスティシャンやスタッフが施術する。そのため、トラブルが起きたときの対処には限界がある。とはいえ、エステティシャンもプロ。国家資格でなくとも、研修をうけ民間の資格(日本エステティック業協会AEAなど)をもっているスタッフもいる。
気になるなら無料体験などを利用し、そういった資格の有無をチェックしてみるとよいぞ。スタッフが研修を受けたという投稿があったりするので、店舗のブログなども参考になる。

 

レーザーよりも威力が弱いとはいえ、やはり同じように

  • 火傷
  • 色素沈着
  • 毛嚢炎になる
  • かゆみを感じる

といった症状がでることもあると知っておくとよいぞ。

 

家庭庭用脱毛器の安全性

 

家庭用脱毛器は素人が扱うため、安全に行えるよう出力が低く抑えられてる。そのため、正しい用法をしていれば火傷などがおこらないよう設計されておるんじゃ。

 

だが素人でも扱えるよう操作が簡単になっているため説明書を読みこまないで行い、火傷などのトラブルを起こしてしまう人が年々増えているようじゃ。

 

機種にもよるが、高性能の脱毛器の場合、脱毛前にしっかり冷却を行う必要がある。クリニックやエステではそういったことをお任せでやってもらえるが、家庭用脱毛器は自分でそういった注意事項をしっかり読み正しい使い方をすることが安全への第一歩じゃ。面倒くさがりな人には向いていないかもしれんな。

 

脱毛方法痛みの強さで比較

医療脱毛    太いゴムで弾いたような痛み。
エステ・脱毛サロン  細いゴムではじいたようないたみ。ハイパースキン法は痛みはほぼない
家庭用脱毛器  機種により異なるが痛みはエステと同等またはそれ以下といわれている

※痛みは個人により感じ方に差があります。

 

医療脱毛は威力が強いため、1番痛みは強いといわれている。とはいえ、冷却装置のついているレーザー機器を使うなど技術面での工夫がされているため、想像したよりも痛くはなかったという感想も多いようじゃ。だがクリニックによっては希望に応じて麻酔クリームなどを使うこともできるため、心配な場合申し出るとよいと思うぞ。麻酔が使えるのも医療脱毛の魅力でもあるな。

 

脱毛方法を費用で比較

医療脱毛   1回1,600円~6,070円など
エステ・脱毛サロン   初回限定で2回980円(通常2回9,720円)、顔脱毛と全身6回パックで114,000円など
家庭用脱毛器  20,000円~100,000円など機種により様々

 

一般的には、医療脱毛は1回1回の値段が高いが、トータル回数は少なくてすむため、最終的にエステよりも安い場合がある。また、エステや脱毛サロンは1回1回は安いが回数が多くなるためトータル高くなる。しかも永久脱毛ではないため、しばらくするとまた脱毛する必要がある。そう考えると、医療脱毛が高いとはいいきれんな。

 

もう1つ意外であったのが、エステや脱毛サロンでは、顔脱毛を行っているところ、顔のみの脱毛を行っているところが少ないことじゃ。やっていても顔と全身がパックになっているため、6回で10万円近くするものや、それ以上の値段設定になってしまうことも。エステや脱毛サロンでは、12回~18回かかるともいわれてることを考えると、顔だけで施術できないのは痛いところじゃ。

 

女性,ひげ

家庭用脱毛器も、値段がピンキリ。値段が安いものは効果が感じにくいこともある。かといって、値段が高いものは、美顔器機能がついていたりと不必要な機能がついていることもある。自分の用途をしっかり考え、値段と効果をしっかり見極めて購入することが大事だぞ。

 

結論としては、値段は今後変更になることもあるが、医療脱毛が高いとは言えない

 

脱毛方法を効果で比較

 

脱毛完了までの期間 

 脱毛効果

医療脱毛  

6~8回(1年~1年半)

永久脱毛効果が高い

エステ・脱毛サロン 

12回~18回(2年~3年) 

永久脱毛効果は低い

家庭用脱毛器  回数は不明だが、4~6カ月でヒゲが生えにくいなど効果を実感し始める。永久脱毛効果は低い

※個人の状態により必ずしもこの数字通りではありません。

 

脱毛完了までの期間は、個人の状態により差があるので、あくまでも参考程度と考えてほしい。エステや脱毛サロンは、永久脱毛はできないが近い状態までにはできる。とはいえ、結局効果が感じられず医療脱毛に変更する人もいるんじゃ。

 

1回の値段が安いエステ・脱毛サロンだが、完了までの回数がかかりトータルとしては医療脱毛の費用と同じかそれ以上になることも。であれば、永久脱毛効果が高いといわれている医療脱毛にしておく方が得かもしれん。

 

 

家庭用脱毛器は、エステと同等、もしくはそれ以下ともいわれている。威力が低い機器で効果をだすには、かなり期間がかかるため、自己処理を続けていくには忍耐がいるぞ。

 

脱毛方法それぞれのメリット・デメリット比較

 

 

医療脱毛

エステ・脱毛サロン

家庭用脱毛器

メリット

・永久脱毛効果が高い
・有資格者による施術で安心
・肌トラブルがおきても医師による迅  速な対応がうけれる 
・少ない回数で脱毛効果が得られる 
・施術前後のケアが万全

・痛みがレーザー脱毛より少ない 
・光脱毛には美肌効果がある 
・施術後に赤味がでにくい 
・施術前後のケアが万全

・自宅で何回でもできる 
・家族全員で使える 
・美肌効果がある(機種による) 
・好きな時間にできる 
・脱毛範囲など自分で自由にできる

デメリット

・痛みが強め 
・施術後に肌に赤味がでやすい

・脱毛効果を得るまでに回数がかかる 
・最後まで効果を実感できない人もいる

・脱毛効果が低いまたは期間がかかる ・間違った使い方によるトラブルがある ・自分で行うのが面倒になる

 

 

やはりワシとしては医療脱毛が1番おススメじゃ。なんといっても有資格者による施術で安心ができ、唯一永久脱毛ができるからじゃ。トータルでみるとエステ・脱毛サロンより安いことがあるしな。

 

家庭用脱毛器は自宅で何度でもできるというメリットは大きい。機械の寿命まで何度でも脱毛できると考えればよいが、永久脱毛ではなく、ずっと脱毛し続けていく必要があるため、何度も脱毛器を買い替える必要があるぞ。

 

 

それなら一時的に費用がかかっても、永久脱毛ができる医療脱毛が1番お得だと思うぞ。


おススメの医療脱毛はここ!

 

 

女性,ひげ

湘南美容外科の特徴

満足度120%、200万症例の実績をもつ湘南美容外科。脱毛できないパーツはない!と言い切る程の技術をもっている。部位や肌タイプにより3機種から選べるのも魅力じゃ。麻酔もあるので痛みに弱い女性でも安心して施術できるぞ。

価格 Sパーツ(鼻下・顎)1回6,070円 フェイス1回 11,340円 、6回52,650円
評価 評価5
備考 安心の全額返金保障付き
 
 

女性,ひげ

渋谷美容外科の特徴

23時まで医療レーザーが受けられると忙しい女性に人気の医療脱毛。施術前の剃毛代も無料のため自分で処理する必要がない。安全性を重視した医療用脱毛機(アレキサンドライト・レーザー)を使用。

価格 Sパーツ(上口唇・下口唇)1回1,600円、初回3回4,800円、初回5回8,000円
評価 評価4.5
備考 23時まで施術でき働く女性も通いやすい!
 
 

女性,ひげ

メディエススキンクリニックの特徴

施術前・施術後ともに女性スタッフが対応するため安心して相談できる。麻酔クリームもあるので痛みが苦手な女性でもリラックスして施術してもらえる。予約のとりやすさにこだ<わり、他店よりも当日予約が取りやすいようじゃぞ。

価格 鼻下・あご 1回5,000円、3回10,000円
評価 評価4
備考 他店より当日予約がしやすい
 

 

おススメのエステ・脱毛サロンはここ!

 

 

女性,ひげ

エピレの特徴

エピレ・エステティックTBCが初めての場合、2パーツで980円という驚きの価格じゃ!顔脱毛を行っている数少ない脱毛サロンになるぞ。エステで有名なTBCが開発した美容成分配合ジェルを使うため、脱毛しながら美肌になると女性に人気じゃ。

価格 はじめて割価格980円 通常価格 顔2パーツで6,480円
評価 評価5
備考 コースに満足しない場合は全額返金保証つき!
 
 

女性,ひげ

ディオーネの特徴

痛みがないハイパースキン法で脱毛できるため、アトピーや敏感肌の方でも安心して施術してもらえる。3歳の子どもにもできるというのは驚きじゃ。フォト美顔の光で脱毛しながらハリ・ツヤのある美肌へとケアしてくれるのも魅力じゃ。

価格 美顔脱毛3,240円 6回 42,000円
評価 評価5
備考 脱毛エステ乗り換え満足度92.7%!
 
 

女性,ひげ

銀座カラーの特徴

鼻下、口下の1か所8回分で21,000円。目の周りを除く顔すべての脱毛ができる顔セット24回 173,400円(月額5,500円)もある。社内研修に合格した高い脱毛技術を習得したスタッフが施術してくれる。

価格 1か所8回分 21,000円
評価 評価5
備考 医療機関との提携も万全にしているので安心。
 

 

おススメの家庭用脱毛器はこれ!

 

 

女性,ひげ

ケノンの特徴

光脱毛ではあるが、出力レベルを上げれば脱毛効果が高いと評判のケノン。照射面積が7センチ四方と圧倒的に広く、脱毛処理スピードがはやい。値段は高光脱毛ではあるが、出力レベルを上げれば脱毛効果が高いと評判のケノン。照射面積が7センチ四方と圧倒的に広く、脱毛処理スピードがはやい。値段は高めだが美顔器機能も付きエステ並みのケアができると女性に人気。カートリッジ式なので交換すれば長く使えるぞ。

価格 価格69,800円,通常価格98,000円
評価 評価5
備考 安心の日本製じゃ。
 
 

女性,ひげ

トリアの特徴

家庭用脱毛器としては珍しいくレーザー方式じゃ。安全性・製品適格性が認められたことを意味するアメリカFDA認可商品。脱毛効果は高いが、照射範囲が1センチ四方と狭い。充電500回したら使えなくなるが、お客様サポートに電話すれば約20,000円で新品に交換してもらえるちなみに1回のフル充電で約400回照射可能。

価格 54,800円
評価 評価4.5
備考 嬉しい30日間全額返金保障付き
 
 

女性,ひげ

エピレタの特徴

コンパクトなフラッシュ脱毛器。サイズが小さく他製品では腕が疲れてしまう女性におススメじゃ。安全のためのタッチセンサー(肌に密接していないと照射しない)と肌色センサー(日焼けした肌、色素沈着した肌には照射しない)があり安心して使える。脱毛効果は低めだが痛みが少ない点も人気。本体寿命後(照射回数15万回)買い替えになる。

価格 29,760円
評価 評価4
備考 照射回数15万回(一般女性5人分の全身脱毛可能な回数)
 

 

【まず試してほしい!】脱毛が不安なら抑毛クリームから

 

医療脱毛、エステ・サロン脱毛、家庭用脱毛器について紹介してきたがいかがかな?気に入った脱毛方法は見つかっただろうか?それともどれも費用が高いとあきらめたり、施術後の肌へのリスクがわかり不安になった方もいるかもしれんな。

 

もし脱毛方法に不安が残り迷っているなら、まずは抑毛クリームというものを試してみるのもおススメだぞ。

 

抑毛クリームは朝晩スキンケアクリームのようにぬるだけ。それでヒゲが生える周期が遅くなり、生えてくるヒゲも薄く細くなってくるという優れものじゃ。

 

【抑毛クリームのメリット】

  • ひげが生える周期をおそくできる
  • ひげが細く薄くなる
  • ひげ処理回数を減らせる
  • 美肌成分により肌がきれいになる
  • 保湿効果が高い
  • 肌を傷めることがない
  • 塗るだけ簡単
  • 子どもにも安心して使える

 

多くの抑毛クリームは美肌成分も配合されているため、ひげ処理により色素沈着してしまった肌にも効果が期待できる。

 

【抑毛クリームのデメリット】

  • 即効性はない
  • 肌に合わない場合がある

 

他の化粧品と同じようにどうしても肌に合わないという場合も出てきてしまうが、それは化粧品なので仕方ないことじゃ。抑毛クリームに即効性がないのは、女性ホルモンに似たイソフラボンなど天然由来成分の働きによりひげを抑制するためじゃ。強い薬剤などは使っていないため、子どもにも使えるとママ達にも評判なんじゃ。個人差はあるが、使い始めて1か月から3カ月で効果を実感し始める人が多いぞ。

 

抑毛クリームは、肌への負担やリスクがなくヒゲ処理回数を減らせ徐々に抑毛できると評判じゃ。脱毛のように高い費用をかけて効果がない、肌トラブルがおきた!などといった心配もない。まずは抑毛クリームから試してみて、それでダメだったら最終的に脱毛という流れもありだと思うぞ。

 

最後におススメの抑毛クリームを紹介しておくぞ。自分にあったものを見つけてぜひ試してみてほしい!

おススメ抑毛クリームランキング

 

 

女性,ひげ

ノイスの特徴

47%の人が1カ月でヒゲが気にならなくなったというアンケート結果を持つノイス。抑毛効果は言うまでもなく、毛穴ケア、徹底した保湿やたっぷりの美容成分で透明感のある美肌までも実現してくれる抑毛クリームじゃ。口周りの産毛専用として開発されたという点も信頼が増すぞ

価格 22g:9,180円通常価格、定期購入4,968円
評価 評価5
備考 お客様満足度98.5%、リピート率90%の大人気商品!口周りの産毛専用
 
 

女性,ひげ

パイナップル豆乳ローションの特徴

イソフラボン、パイナップル、パパイン酵素、コスモぺリン、ザクロエキスといった天然成分がムダ毛にアプローチ。カミソリなどのひげ処理回数を減らすことができる。また純度の高いイソフラボンが角質層まで浸透し、透明感のある肌へと導いてくれるぞ。30日間全額返金保証つき!

価格 100ml:通常価格:2,700円通常価格、定期コース初回:1,350円
評価 評価4.5
備考 価格の安さはダントツ!顔と全身用
 
 

女性,ひげ

コントロールジェルMEの特徴

ローションのようなさらっとした使用感とクリームのようなしっとりした保湿感の両方を体感できるジェルタイプ。厳選された高品質な天然由来の原材料が主成分。60日間の商品代金返金保証つき。顔と全身用

価格 150ml:通常価格 6,980円、初回 5,300円
評価 評価4
備考 ムダ毛対策化粧品開発の先駆け的ブランドで22年の実績!顔と全身用
 
 

女性,ひげ

ネオ豆乳ローションの特徴

イソフラボンの量が元の大豆の180倍という大豆胚芽から作られたSGエキスをふんだんに配合。ムダ毛と産毛の勢いを抑え、メラニン生成を抑え、もちもちとした肌つくりが目指せるぞ。抑毛効果だけでなく、美白・美肌効果も!

価格 200ml:通常価格:4,104円、セール価格:2,980円
評価 評価3.5
備考 ビタミンCとEの相乗効果で抗酸化・保湿効果がアップ!顔と全身用
 
 

女性,ひげ

プレミアムビューティスキンの特徴

大豆・海藻・豆科の植物といったイソフラボン豊富な原材料から得た成分を贅沢に配合しムダ毛を抑えてくれる。またザクロ花エキス、オウゴンエキスといった美肌成分も含まれくすみがちな肌を透明感のあるものへと導いてくれるぞ。

価格 200ml:通常価格 4,101円、定期購入 3,694円
評価 評価3
備考 たっぷり使ってもベタつかないサッパリした使用感が人気。顔と全身用
 

 

 

 

関連ページ

あごひげ処理法
女性のあごひげ、処理しないと気になって仕方ないけれど、間違った方法を繰り返すことで逆に太くなってしまうことも。そこで色々な処理方法の中から肌に負担の少ない方法をご紹介します。
ひげを薄くする方法
女性のひげを薄くするための方法を詳しくまとめています。
青ひげ処理方法
気になる女性の青髭を目立たなくするための正しいひげ処理方法や対策をご紹介します。
ひげを剃ると濃くなる?
女性のひげを剃るとヒゲが濃くなるという噂は本当かどうか検証してみました!
ひげが濃いのは病気?
女性に濃いひげが生えるのは病気なのか、他に原因はあるのか詳しく調べてみました。
ピルで抑毛はあり?
女性のひげはピルを飲むことで効果が得られるのか、安全性はどうなのかなど気になることを調べてみました。
濃いヒゲの原因はホルモンバランス
女性の濃い髭の原因の1つといわれているホルモンバランスの乱れの改善方法を詳しくまとめました。
中学生のひげ処理方法
中学生が行うひげ処理はどの方法がベストか詳しくまとめています。
年齢別ひげの原因と対策
20代、30代、40代、50代と年代別によるひげの生える原因とそれに対する対策を詳しくまとめてみました。
濃いヒゲの予防法
女性の濃いヒゲは予防できるのか、濃いヒゲの原因と予防策を詳しくまとめてみました
ケノンの安全性
家庭用脱毛器で人気のケノンの安全性や効果など徹底的に調べてみました。
子どものおススメひげ処理法
小学生のお子さんでも安心して行えるおススメの口ひげ処理法をご紹介します。
鼻の下のひげ処理法
女性でも気にしている人が多い鼻の下の産毛の正しい処理の仕方、やってはいけない処理方法を詳細にまとめています。
脱毛クリームと抑毛クリーム違い
脱毛・除毛クリームと抑毛クリーム、女性のひげ処理にはどちらが安全なのか詳しく調べてみました。
ブラジリアンワックスは顔に使えるか
ブラジリアンワックスは顔に使えるのか効果や安全性などを詳細に調べまとめてみました。
電気シェーバーによる産毛処理
肌に優しい産毛の自己処理方法である電気シェーバーのメリットデメリット、カミソリとの違いなどを詳しくまとめました。
毛抜きがダメな理由
毛抜きによるひげ処理の危険性や毛抜きにかわるひげ処理方法などを詳しく紹介します!