【最初が肝心!】中学生におススメのひげ処理はこれ!

女性,ひげ

 

女性,ひげ

中学生くらいになるとひげ処理を行う女子も多いが、他人の視線が気になる年頃だけに、余計に自分のヒゲが気になって仕方ないことじゃろう。だが一般的なひげ処理法のカミソリは長年行うことで色素沈着になる、毛抜きはヒゲが濃くなるなど問題点がある。知らずにひげ処理を続け大人になって後悔することがないよう、中学生におススメのひげ処理方法を紹介するぞ。

 

 

女子中学生におススメのひげ処理

 

まずは一般的なひげ処理方法とそれぞれのおススメ度などを表にまとめてみたぞ。

 

 

オススメ度

メリット

デメリット

カミソリ

 

・手軽
・安い
・簡単

・肌の乾燥
・色素沈着を起こす
・肌を傷つける恐れがある

電気シェーバー

 

・簡単 
・刃が直接肌にあたらないので肌に優しい  
・全身にも使える

・深剃りができず残った毛が目立ちやすい ・カミソリより購入費用が高い
・ひげ処理頻度がカミソリより多くなる

毛抜き

 

・手軽
・安い
・次に生えるまで期間が長い

・毛穴や周辺の肌を傷つける
・赤いポツポツがでやすい
・ヒゲが段々濃くなる

医療脱毛

 

・永久脱毛できる
・医師による対応で安心
・トラブルが起きても医師が迅速に対応

・費用が高い 
・痛みがある
・稀に火傷などのリスクもある

エステ・脱毛サロン

 

・ひげ処理回数が減る
・永久脱毛に近い効果が出せる
・医療脱毛より痛みはない
・美肌効果もある

・永久脱毛効果はない
・トータル費用は高くなる 
・稀に火傷などのリスクがある

家庭用脱毛器

 

・ひげ処理回数が減る 
・医療脱毛より痛みはない
・自宅で何度でもできる
・家族全員で使える

・永久脱毛効果は低い
・購入費用が高め
・ランニングコストがかかる
・正しく使わないと火傷など引き起こす

【おススメ!】

抑毛クリーム

 

・ぬるだけでOK!
・ひげ処理回数が減らせる
・生えてくるヒゲが細く薄くなる
・肌に優しい
・美肌効果もある
・子どもにも使える

・化粧品なので肌に合わない場合もある 
・即効性はない

 

カミソリ

女性,ひげ

80%の女性がカミソリでひげ処理をしているというデータがあるほど一般的なひげ処理法じゃ。手軽で簡単しかも安いときている。ただカミソリの刃が直接肌にあたることが刺激となり、メラニン色素が過剰に生成され肌が色素沈着を起こしてしまう。長年続けていると肌がくすんでくる原因は、カミソリの刃が肌にあたることにあるぞ。ただ正しい使い方をするば、肌への負担が減り、色素沈着を軽減することができる。後程正しい処理方法を紹介しよう。

 

電気シェーバー

女性,ひげ

電気シェーバーは購入費用はかかるが、1度購入すれば家族全員でつかえ、手軽で簡単、そして安全ときている。カミソリのように刃が直接肌に触れないように設計されているため、肌に刺激を与えない。将来的なことを考えれば、色素沈着を起こしにくい電気シェーバーはおススメじゃ。

 

ただ刃が直接肌に触れないため、カミソリより浅剃りになる。そのため残った毛が目立ちやすいといった欠点がある。産毛程度なら気にならないかもしれんが、ヒゲが濃いと悩んでいる場合はカミソリより目立ってしまうぞ。

 

毛抜き

女性,ひげ

毛抜きでひげ処理を行う女性は多いのだが、実は毛抜きによるひげ処理はやってはいけない。というのも続けることでヒゲが太く硬くなってしまう。毛抜きで抜けるのは毛幹と言われる部分だけ。ヒゲの根元は毛穴に残る。その毛穴に残る根元にはヒゲの生成にかかわる毛母細胞や毛乳頭があるんじゃ。ヒゲを抜くと、毛乳頭は次は抜かれないようにと更に丈夫なひげを作ろうとし太く硬いひげを作り出してしまうんじゃ。

 

ただ抜いた後は次のヒゲが生えるまで期間がかかるため、人気なのも確か。おススメはしないがどうしても毛抜きを使いたい場合のひげ処理ポイントを後程紹介するぞ。

 

医療脱毛

医療脱毛は医師などの有資格者が診察・施術をおこなってくれるため安心できる脱毛方法じゃ。そして唯一永久脱毛ができるところでもある。永久脱毛できるくらい威力があるため、痛みは強め。費用も高いため、中学生のひげのために医療脱毛に通わせてくれる親御さんは少ないかもしれん。永久脱毛ができるという面ではおススメ。だがごく稀とはいえ火傷などのトラブルがおきる可能性があることも知っておいてほしい。それを防ぐためにも実績と経験数のあるクリニックを選ぶことも大事じゃよ。

 

エステ・脱毛サロン

女性,ひげ

永久脱毛処理は有資格者のいるところでしかできないため、エステや脱毛サロンでは制毛・減毛処理と呼ばれる一時的にヒゲの生成を抑える処理になる。1回1回の費用は安めだが、永久脱毛に近い効果をだすまで行うとトータル的には医療脱毛より高くなることも。最終的に永久脱毛効果を求めて医療脱毛に移行する人もいるため、その辺のことを考え口コミ等をよく調べてみた方がよい。

 

家庭用脱毛器

女性,ひげ

脱毛器を購入してしまえば自宅で好きな時に何度でも脱毛できるのが魅力。機種も色々あるため、効果も機種により違う。素人が行うため威力は弱く設定されているので痛みが、脱毛効果もエステ脱毛より低め。説明書をよく読み正しい使用法で行わないと火傷などの思わぬトラブルを招いてしまうので注意が必要。

 

脱毛に関して詳しくまとめたページがあるので、よければ参考にしてみてほしい。
>>【安全なのはどれ?】女性のひげ処理に1番おすすめの脱毛方法

 

抑毛クリーム

実はこの抑毛クリーム、手軽で安全、その上抑毛効果があるため1番おススメの方法なんじゃ。次の項目で詳しく紹介しよう。

 

【中学生に使ってほしい!】安心安全の抑毛クリームがおススメ!

 

抑毛毛クリームをおススメする理由は、なんといっても安全なことじゃ。中学生といえばまだまだず~っと先まで未来のある身じゃ。そんな若者に、永久脱毛効果があるけれど、ごく稀とはいえ火傷などのリスクがある医療脱毛は最適とは言い切れない。カミソリは色素沈着、毛抜きはひげが濃くなるといったリスクがある。

 

だが抑毛クリームは、そういったリクスはゼロ。化粧品なので肌荒れを起こすといったことはあるが、ひどくても数週間で治ってしまう。一生残るようなリスクはない。

 

そういったリスクはないけれど、

  • ひげの生える周期が遅くなる
  • はえてくるヒゲが細く薄くなる

といった効果がしっかりとあるんじゃ。

 

抑毛クリームのメリット

  •  

    女性,ひげ

     

  • ひげ処理回数が減らせる
  • ぬるだけで簡単
  • 肌への負担やリスクがない
  • 保湿効果や美肌効果もある
  • 子どもでも使える

 

生える周期が遅くなる分、ひげ処理回数が減らせるため、カミソリ処理でも肌への負担を減らすことができるぞ。抑毛クリームには保湿成分・美容成分も配合されているため、ひげ処理後の肌ケアも万全にできるのも魅力じゃ。

 

ただ薬剤の力などで抑毛効果をだしているのではなく、大豆イソフラボンなど天然由来成分の力で効果をだしている。そのため即効性はないんじゃ。効果実感まで1か月から3カ月という人が多いようだぞ。いくら抑毛効果があっても、肌に影響があるものは使いたくないからな。天然由来成分が主成分である抑毛クリームは中学生でも本当に安心して使えるんじゃ。
若いからこそ、肌をきれいに保ちつつ、かつ安全にひげ処理できる方法を選ぶべきだぞ思うぞ。

 

女,ひげ,中学生

おススメ抑毛クリームクリームランキング

 

正しくカミソリでひげ処理を行うポイント

 

カミソリを使って処理するポイントは、肌に刺激を与えない ということ。そこに気をつければ色素沈着のリスクを軽減できる。そこで、正しいカミソリでの処理法をご紹介しよう

 

カミソリでの正しいひげ処理方法

 

肌を温める

蒸しタオルやお風呂で事前に肌を温めることで、ヒゲが柔らかくなり肌への負担を減らせる

 

シェービングフォームを使う

石鹸やボディソープでは肌の皮脂を奪い乾燥の原因に。泡が消えやすくカミソリの刃が肌に直接あたり刺激となる。シェービングフォームは泡の持ちがよく、保湿成分が配合されているなど肌を保護してくれるんじゃ。

 

ひげの流れにあわせて剃る

ひげの生え方とは逆に剃ると、カミソリの刃が直接肌にあたり刺激となる。ひげの流れに合わせて剃ることが大切じゃ。

 

しっかり保湿する

どんなに気をつけて処理しても、肌には負担がかかってしまう。ひげ処理後は保湿成分が入った化粧水などでしっかりケアし肌のバリア機能を高めてほしい。

 

毛抜きを使って処理をする場合の注意点

 

毛抜きもカミソリ同様、なるべく肌への負担を減らすことが大切じゃ。

肌を温める

蒸しタオルなどで事前に肌を温めることで、ヒゲを柔らかくし毛穴を開いておくと、肌への負担を多少軽減できる。

 

ひげの生え方に沿って抜く

ひげの生え方とは逆に抜くと、毛乳頭が曲がり次に生えるひげが変な方向に生え、埋没毛の原因となってしまう。

しっかり保湿

傷ついた肌のバリア機能を改善させるためにも、保湿成分の入った化粧水などでしっかりケアすることじゃ。

 

 

抑毛クリームも医療脱毛も自宅でひげ処理をしながら行うものじゃ。なので肌への刺激が減らせるひげ処理方法はぜひとも覚えてやってみてほしい!


 

女,ひげ,中学生

おススメ抑毛クリームクリームランキング

 

関連ページ

あごひげ処理法
女性のあごひげ、処理しないと気になって仕方ないけれど、間違った方法を繰り返すことで逆に太くなってしまうことも。そこで色々な処理方法の中から肌に負担の少ない方法をご紹介します。
ひげを薄くする方法
女性のひげを薄くするための方法を詳しくまとめています。
青ひげ処理方法
気になる女性の青髭を目立たなくするための正しいひげ処理方法や対策をご紹介します。
ひげを剃ると濃くなる?
女性のひげを剃るとヒゲが濃くなるという噂は本当かどうか検証してみました!
ひげが濃いのは病気?
女性に濃いひげが生えるのは病気なのか、他に原因はあるのか詳しく調べてみました。
ピルで抑毛はあり?
女性のひげはピルを飲むことで効果が得られるのか、安全性はどうなのかなど気になることを調べてみました。
おススメの脱毛法
脱毛には、医療脱毛、エステ・脱毛サロン、家庭用脱毛といった様々な方法があるが、どれが安全で効果が高いのか徹底比較してみました。
濃いヒゲの原因はホルモンバランス
女性の濃い髭の原因の1つといわれているホルモンバランスの乱れの改善方法を詳しくまとめました。
年齢別ひげの原因と対策
20代、30代、40代、50代と年代別によるひげの生える原因とそれに対する対策を詳しくまとめてみました。
濃いヒゲの予防法
女性の濃いヒゲは予防できるのか、濃いヒゲの原因と予防策を詳しくまとめてみました
ケノンの安全性
家庭用脱毛器で人気のケノンの安全性や効果など徹底的に調べてみました。
子どものおススメひげ処理法
小学生のお子さんでも安心して行えるおススメの口ひげ処理法をご紹介します。
鼻の下のひげ処理法
女性でも気にしている人が多い鼻の下の産毛の正しい処理の仕方、やってはいけない処理方法を詳細にまとめています。
脱毛クリームと抑毛クリーム違い
脱毛・除毛クリームと抑毛クリーム、女性のひげ処理にはどちらが安全なのか詳しく調べてみました。
ブラジリアンワックスは顔に使えるか
ブラジリアンワックスは顔に使えるのか効果や安全性などを詳細に調べまとめてみました。
電気シェーバーによる産毛処理
肌に優しい産毛の自己処理方法である電気シェーバーのメリットデメリット、カミソリとの違いなどを詳しくまとめました。
毛抜きがダメな理由
毛抜きによるひげ処理の危険性や毛抜きにかわるひげ処理方法などを詳しく紹介します!