【保存版】青ひげ女子のための正しいひげ処理方法と対策

女,ひげ

 

女性なのに、鼻の下に青く目立つひげ。この青ひげのせいで人目が気になってしかたない、どうにかしたい・・・!とお考えの女性のために、今以上に目立つことがないよう正しいひげ処理方法や気をつけるべき点などをご紹介するぞ。

 

 

女性の青ひげ みんなはどうしている?

 

まずは青ひげに悩む女性の皆さんがどのような方法で対処しているのか調べてみたぞ。

 

【青ひげの対処法】

  • 抜く
  • 剃る
  • 脱毛
  • 隠す(メイク、マスク、蛍光ペン、サンレスタンニング)

 

青ひげといっても、やはり何か特別な方法ではなく、「抜く、剃る、脱毛」といったオーソドックスな方法を行っている女性が多いようじゃ。ただこれらの方法も、間違った処理方法ではひげを今以上に濃くしてしまうんじゃ。これについては後で詳しく紹介しよう。

 

面白いのは「隠す」という方法じゃ。これは根本の解決にはならんが、「今日だけは隠したい」などというときには活躍しそうじゃな。1番手軽なマスクをするという方法以外、ちょっと詳しくみてみよう。

 

メイクで隠す

女,ひげ

女性にとってメイクで隠すというのも1番手軽かもしれないな。多いのはコンシーラーで隠すといったもの。ただそれでも目立つ青ひげを隠すのは十分ではないようじゃ。とはいえ、何もしないよりはマシともいえる。そこでメイクで隠す上でのポイントを挙げておくぞ。色々ためして自分に合うものを見つけてみるとよいぞ

 

  • カバー力のあるBBクリームを使う
  • 化粧下地・ファンデーションは黄色系を使う
  • 肌の凹凸や毛穴に叩き込むようにファンデーションを使う
  • コンシーラーの後にオレンジ系のチークを使う

 

蛍光ペンで隠す

女,ひげ

これはまた斬新な方法でワシもびっくりしたわい。じゃが一部の女性の間では試されている方法らしい。なんでもピンクとオレンジの蛍光ペンを塗るらしいんじゃが・・・。太陽の下では逆に目立ってしまうとも。そもそも蛍光ペンは文具であり、肌に塗るものではない。青ひげだけでなく肌荒れまで引き起こしたら目もあてられん。ワシとしてはおススメできんぞ。

 

サンレスタンニング

知らない人もいるかもしれないが、一部の海外セレブの間で人気のものらしい。肌表皮のタンパク質の色のみ小麦色にかえることができるものらしい。塗ってから約12~24時間程度で日焼けせずにゴージャスなブロンズ肌になれる。戻したいときは、サンレスタンニングの使用をやめれば1週間から10日程度で戻る。なんでも日焼けした肌だとひげが目立たないということからサンレスタンニングを試す女性がいるらしい。

 

ただやはりきれいにムラなく仕上げるにはこつがあるようじゃ。口周りというもともと目立つ部分に試すにはちょっと勇気がいると思うぞ。

 

女性の青ひげの正しい処理方法

 

隠すという方法は手っ取り早いが根本の解決にはならん。青ひげだろうと何だろうと、やはりひげ処理は必要じゃ。そこで今以上に濃くしないためにも、正しいひげ処理方法を紹介するぞ。

 

カミソリでの正しい処理方法

 

女,ひげ

カミソリは手軽で人気のひげ処理方法じゃ。だが、「次に生えるひげの断面が平らになり濃く見える」「肌への刺激となりメラニン色素が過剰生成され色素沈着を起こす」といったデメリットもあるんじゃ。そこで、そのデメリットを軽減させるための正しい処理方法を紹介するぞ

 

お風呂や蒸しタオルで温める

温めることでヒゲが柔らかくなり、肌への負担をへらすことができるぞ。

 

シェービングフォームを使う

石鹸やボディソープでもよいが、途中で泡がなくなるとカミソリの刃が直接肌にあたり、刺激となってしまう。泡が長持ちするシェービングフォームを使うことがおすすめじゃ。

 

ひげの流れに沿って剃る

ヒゲの流れとは逆にそると、カミソリの刃が直接肌にあたり必要な角質までそぎ落としてしまうことになるんじゃ。

 

しっかり保湿を行う

剃った後は、肌に負担がかかってしまっている。保湿成分の入った化粧水などでケアを行いいたわることも大切だぞ。

 

毛抜きの正しいひげ処理方法

女,ひげ

毛抜きで青ひげをぬけば、カミソリのように剃った後のヒゲ断面がみえることがないので、目立つことは少ない。だが、毛抜きで抜くと、毛穴や周辺の肌を痛め刺激となり色素沈着の原因となってしまうぞ。また、ヒゲの根元には、ひげを作る細胞が存在する。ひげを抜いてしまうと、その細胞たちがもっともっと丈夫なひげを作ろうと頑張り、太く硬いヒゲになってしまうんじゃ。そういったことを考えると、抜くというひげ処理方法はおススメはできない。どうしても、の場合は次の方法で行うと、多少肌への負担をへらすことができるぞ。

 

肌を温める

お風呂や蒸しタオルなどで肌を温めると、毛穴が開き、ヒゲも柔らかくなるので抜きやすくなる。肌への負担が軽減できるぞ。

 

ヒゲの生え方に合わせて抜く

ひげの生え方と逆に抜くと、ひげを再生する箇所である毛乳頭がまがり、ひげが変な方向に生えてしまい、埋没毛の原因になってしまうんじゃ。

しっかり保湿

負担をかけた肌には、しっかり保湿成分を補いケアをするとよいんじゃ。セラミドなどの保湿成分は肌のバリア機能を高める働きがあるのでおススメじゃぞ。

 

脱毛

脱毛は、家庭用脱毛器を使って自宅で行う方法、エステや脱毛サロンによる脱毛、医療脱毛の3種類ある。これらに正しい方法、どれが一番良い、といったものはないが、違いがあるので簡単に説明しよう。

 

【永久脱毛効果】

家庭用脱毛器  

低い

エステや脱毛サロン

永久脱毛効果は低い

医療脱毛 

永久脱毛効果は高い

 

永久脱毛は、医師がいないエステサロンでは毛根細胞を破壊する行為(脱毛効果のある行為)は禁止されておるんじゃ。そのため、エステや脱毛サロンで行われているのは制毛処理という、毛の成長を一時的に減らす行為になる。つまり永久脱毛ができるのは医療脱毛のみということじゃ。エステや脱毛サロンでも回数を重ねることで永久脱毛に近い効果を出すこともできるらしいが、永久脱毛と胸をはって謳えるのは医療脱毛だけなんじゃ。

 

家庭用脱毛器は素人が行うため、エステなどよりも更に照射パワーは弱く設定されとるのが一般的じゃ。一度脱毛器を購入すれば何度でも使えるため、繰り返し行うことでひげを薄くすることはできるようじゃ。ただ産毛のようにもともと薄く細いものには脱毛器が反応せずひげが残ってしまうこともあるようじゃ。

 

 

ざっと説明したが、脱毛効果が高いのは医療脱毛になる。ただその分価格も高く痛みもあるというデメリットもあるため、どれがいいかは一概には言えないのが現状じゃ。どれを選ぶにしても、店舗や家庭用脱毛器の種類によって効果もだいぶ違ってくるので、まずはよ~く調べてみることをお勧めするぞ。


 

【イチ押し!】抑毛クリーム(ローション)

 

抑毛クリームは、肌に塗るだけでヒゲが生える周期を遅くし、ヒゲ自体を薄く細くする効果がある。カミソリや毛抜きのように、肌を痛めたり色素沈着を引き起こす心配もなく、エステ脱毛などのように価格が高いといったことがないのが魅力じゃ。

 

【抑毛クリームのメリット】

    女,ひげ

  • ひげが生える周期を遅くできる
  • ひげを細く薄くできる
  • ひげ処理回数を減らせる
  • 塗るだけで手軽で簡単
  • 美容成分配合のものが多く、色素沈着などの改善が見込める
  • スキンケアにも使える
  • 痛みがない

 

【抑毛クリームのデメリット】

女,ひげ

  • 即効性はない
  • 化粧品なので肌に合わない場合はある


 

デメリットは、やはり即効性はなく効果実感までに1カ月から3カ月は必要なことじゃ。抑毛クリームは、女性ホルモンんに似た働きをするイソフラボンなど天然由来成分で作られているものが多い。強い薬剤を使ってヒゲをはやさないようにしているわけじゃないぞ。だからこそ効果実感までに時間はかかるが、安心してつかえると評判なんじゃ。なかにはお子さんに使わせているご家庭もあるようじゃぞ。

 

 

カミソリなどのひげ処理で肌に負担をかけ続けることに不安があり、いきなりエステ脱毛などを行うには勇気はいるという方は、まずは抑毛クリームから試してみてはいかがかな。


 

女、ひげ 青い

おススメ抑毛クリームクリームランキング

 

女性の青ひげを生活習慣から改善

 

ひげが濃くなる原因の1つにホルモンバランスの乱れがある。女性ホルモンは40歳をピークに減少の傾向がある。また日頃の生活習慣により男性ホルモンの働きが女性ホルモンの働きより優位になってしまうことで、ひげが濃くなってしまうんじゃ。そこで正しいひげ処理と並行してホルモンバランスを整えることも、青ひげを防ぐには有効なため、ちょっと紹介するぞ。

 

睡眠の質を高める

忙しいとなかなか睡眠時間を確保できないことがある。現状、理想の睡眠時間を確保できている女性の方が少ないのかもしれん。そこで、睡眠時間が確保できないなら、せめて睡眠の質をあげる工夫をしてみてほしい。

 

【睡眠の質を高めるために】

  • 女,ひげ

  • 就寝3時間前までに食事を済ます
  • 就寝前のカフェインの摂取を控える
  • 就寝前のPCやスマホの使用は控える
  • 明かりを消して睡眠をとる
  • 枕やシーツ、パジャマなど寝具にこだわる
  • ラベンダーなどリラックス効果のあるアロマを焚く
  • 睡眠サプリを利用する

 

適度な運動をする

女,ひげ

適度な運動は自律神経を活性化させるためホルモンバランスを整えるのにいいぞ。とはいえ、仕事をしている場合、なかなか運動する時間が取れないと思うから、そういう場合は自宅から1駅分余分に歩くなど無理ないことから始めてみてほしい。

 

バランスのよい食生活

女,ひげ

肉のみ、野菜のみ、外食のみ、といった偏った食生活もホルモンバランスの乱れにつながるぞ。どうしてもの場合、サプリを利用するなどして、なるべく栄養バランスの整った食事を意識してみてほしい。

 

女性ホルモンを増加させるイソフラボンを含む大豆製品、女性ホルモンの分泌を高めるビタミンB6やビタミンEを積極的に取り入れるのも良いぞ。

 

大豆イソフラボン

豆腐、納豆、豆乳、油揚げ、きな粉、みそ など

ビタミンB6

まぐろ、かつお、鶏ひき肉、いわし、鶏レバー、スモークサーモン、さんま、あじ など

ビタミンE 

緑茶、アーモンド、いくら、うなぎ、落花生、モロヘイヤ、カボチャ など

 

禁煙する

女,ひげ

あまり知られていないが、タバコに含まれる成分は女性ホルモンに悪影響を及ぼすんじゃ。タバコは健康にも被害がある故、できれば喫煙を控えることをおススメするぞ。

 

青ひげの原因

 

女性の青ひげの原因

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 外部刺激
  • 遺伝
  • 多毛症

 

ホルモンバランスの乱れやカミソリなどひげ処理による外部刺激により青ひげができることは、すでに説明してあるので、ここでは、遺伝や多毛症につい簡単に説明しよう。

 

ホルモンバランスの乱れ

睡眠不足、偏った食生活、喫煙などによりホルモンバランスが乱れ男性ホルモンの働きが女性ホルモンの働きより優位になると、ひげが太く濃くなるんじゃ。まずは生活習慣を見直してみることが大切じゃよ。

 

外部刺激

毛抜きなどでヒゲを引き抜くと、ひげを生成する細胞が、もっと丈夫なひげを作ろうと太く硬いものをつくってしまうんじゃ。ひげ処理は、肌に刺激を与えない方法を選ぶことも必要じゃ。

 

遺伝

100%ではないが、ひげの濃さは遺伝するともいわれておる。体質なので仕方ないと言ってしまえばそれまでだが、女性ホルモンの分泌を助ける食品を多くとり、男性ホルモンが優位にならないよう気をつけて生活していくことや、抑毛クリームなどで薄くすることも可能なので、できることから試してみるといいと思うぞ。

 

多毛症

多毛症とは、毛が増えるということではなく、細く薄かった毛が太く濃いものに代わってくる病気なんじゃ。生理不順やニキビなども症状として出てくる場合もある。

 

気になる場合は、早めに皮膚科や婦人科を受診しホルモン検査をうけることをおススメするぞ。

 

女性にとって、視線の集まる口周りのひげが濃いというのは大きな悩みじゃ。だが永久脱毛をしない限り一生付き合っていくものなので、今一度、自分にあったひげ処理方法を見つけ対処していってほしい。

関連ページ

あごひげ処理法
女性のあごひげ、処理しないと気になって仕方ないけれど、間違った方法を繰り返すことで逆に太くなってしまうことも。そこで色々な処理方法の中から肌に負担の少ない方法をご紹介します。
ひげを薄くする方法
女性のひげを薄くするための方法を詳しくまとめています。
ひげを剃ると濃くなる?
女性のひげを剃るとヒゲが濃くなるという噂は本当かどうか検証してみました!
ひげが濃いのは病気?
女性に濃いひげが生えるのは病気なのか、他に原因はあるのか詳しく調べてみました。
ピルで抑毛はあり?
女性のひげはピルを飲むことで効果が得られるのか、安全性はどうなのかなど気になることを調べてみました。
おススメの脱毛法
脱毛には、医療脱毛、エステ・脱毛サロン、家庭用脱毛といった様々な方法があるが、どれが安全で効果が高いのか徹底比較してみました。
濃いヒゲの原因はホルモンバランス
女性の濃い髭の原因の1つといわれているホルモンバランスの乱れの改善方法を詳しくまとめました。
中学生のひげ処理方法
中学生が行うひげ処理はどの方法がベストか詳しくまとめています。
年齢別ひげの原因と対策
20代、30代、40代、50代と年代別によるひげの生える原因とそれに対する対策を詳しくまとめてみました。
濃いヒゲの予防法
女性の濃いヒゲは予防できるのか、濃いヒゲの原因と予防策を詳しくまとめてみました
ケノンの安全性
家庭用脱毛器で人気のケノンの安全性や効果など徹底的に調べてみました。
子どものおススメひげ処理法
小学生のお子さんでも安心して行えるおススメの口ひげ処理法をご紹介します。
鼻の下のひげ処理法
女性でも気にしている人が多い鼻の下の産毛の正しい処理の仕方、やってはいけない処理方法を詳細にまとめています。
脱毛クリームと抑毛クリーム違い
脱毛・除毛クリームと抑毛クリーム、女性のひげ処理にはどちらが安全なのか詳しく調べてみました。
ブラジリアンワックスは顔に使えるか
ブラジリアンワックスは顔に使えるのか効果や安全性などを詳細に調べまとめてみました。
電気シェーバーによる産毛処理
肌に優しい産毛の自己処理方法である電気シェーバーのメリットデメリット、カミソリとの違いなどを詳しくまとめました。
毛抜きがダメな理由
毛抜きによるひげ処理の危険性や毛抜きにかわるひげ処理方法などを詳しく紹介します!